FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
三菱 ekワゴン ナビ取付
ekワゴンナビ1
今回の作業は三菱のekワゴンにお客様の持っていたアゼスト製(現クラリオン)のHDDナビの出張取り付けです。TVアンテナが無かったのですが、たまたま持っていた三菱電機製のフィルムタイプのTVアンテナを取り付けることになりました。
ekワゴンナビ2 
オーディオパネルはビスなどで固定されているのではなく、プラスチックピン4箇所で止まっていたのですがダシュとオーディオパネルに隙間が無く、無理にオーナメントリムーバーを差し込んだりするとダシュやオーディオパネルにキズが付くのでオーディオパネルのプラスチックピンを裏から押して外します。
ekワゴンナビ4 ekワゴンナビ5 ekワゴンナビ6
どのようにオーディオパネルのプラスチックピンを裏から押して外すかと言うと、まずグローブボックスのビスを5本取り外してグローブボックスを下の方向に回転させてから手前に取り出します。
ekワゴンナビ7 ekワゴンナビ3 ekワゴンナビ8
グローブボックスの外れた奥を覗くとオーディオパネルの白いプラスチックピンが見えるのでこのピンを指で押して外します。1箇所ピンが外れるとオーディオパネルとダシュの間に隙間が出来るのでこの隙間にオーナメントリムーバーを入れて1箇所ずつピンを外していきます。この時にダシュにキズが付かない様にしっかりと養生テープを貼っておきます。
ekワゴンナビ9 ekワゴンナビ10
ekワゴンナビ11 ekワゴンナビ12
TVアンテナとGPSアンテナの配線を通す為に助手席側のAピラーを外します。オーナメントリムーバーをAピラーのピンの位置に差し込んでピンを浮かしてから上の方向に持ち上げて取り外します。
ekワゴンナビ18 ekワゴンナビ19
このナビにはマイクが付いているのでマイクを運転席側のバイザーに取り付けます。マイクの配線を通す為に運転席側のAピラーも取り外します。TV用フィルムアンテナを取り付けて配線をAピラーにクッションテープで固定してナビユニットまで取り回しします。GPSアンテナのアンテナ配線も助手席側のAピラーを外したところからグローブボックス裏を通してナビユニット裏まで取り廻しをします。
ekワゴンナビ15 ekワゴンナビ13
今回はTVアンテナの配線とマイクの配線だけなのでAピラーの加工はしませんでしたが、配線が多い時や太い配線の場合はAピラーの裏の部分を配線が通る所を削り取ってやります。そうしないと配線が当たってAピラーがちゃんと付かないからです。
ekワゴンナビ17 ekワゴンナビ16
電源の取り出しは三菱用のオーディオ変換カプラーを使って取り出しをします。車速信号の取り出し場所はオーディオカプラーにある白/青線から取り出せます。年式や型式によってはECUからの取り出しの場合もあります。リバース信号の取り出し場所は運転席側キックパネル裏の赤/青配線から取り出せます。
ekワゴンナビ20 ekワゴンナビ21
ekワゴンのオーディオ取付ブラケットは純正オーディオの場合と市販品のオーディオを取り付ける場合では部品が違っています。今回も純正オーディオ用の取付ブラケットだった為普通に取り付けるとナビがオーディオパネルよりもかなり奥に付いてしまいます。何故かというとブラケットのオーディオ固定用の穴の位置が純正オーディオ用と市販品用とでは違っているからです。出張作業で市販品用のブラケットも用意していなかったのですぐに用意もできないのでお客様の了解を得てブラケットに新しく穴を開けてナビをオーディオパネルと同じぐらい前に出るように調節します。何回も位置をあわすのに取り付けして、外して、としていたので写真を撮るのを忘れていました。ヤスリで穴を広げたりしてやっとナビがパネルの面と一緒になるまで前に出てきて綺麗に取付できました。作動確認とキズや汚れのチェックをして作業は終了です。
BY TANI
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/03(木) 19:47:33 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/12/08(月) 18:06:36 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック