神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マツダ デミオ
20080221182525.jpg  20080221182618.jpg
今回は業者様からのご依頼でパナソニック製DVDナビ(CN-DV155FD)&ETC(CY-ET907D)とマツダ純正ナビ取り付けKITの持ち込み取り付け作業です。今回はなるべく細かく画像を撮っていますので、画像メインのブログにしてみたいと思いますので、このタイプのデミオをお乗りの方参考にしてみて下さい(^^)。
20080221182640.jpg 20080221182713.jpg
20080221182755.jpg
マツダ純正ナビ取り付けKITはこの小物入れを取り外して分解し加工します。加工作業とETC取り付け作業は社長が行っていましたので、後ほど出て来ます(^^)。
20080221182821.jpg 20080221182905.jpg
20080221182946.jpg 20080221183036.jpg
エアコン用ダイアル3つを引っ張って外します(右上画像)。左右のダイアルを外しますと左下画像の位置にビスが2本ありますので外します。オーディオブラケット(右下画像)固定ボルトを外します(このタイプのデミオは運転席側から覗くと見えます)。
20080221183112.jpg 20080221184146.jpg
キズ防止の為シフトノブをLレンジにしておいてオーディオ&エアコンユニットを引き出しますと左側画像のように出て来ますので、各コネクターを外し、ラジオアンテナを外します。ユニットが外れますと右側画像の状態になります。
20080221184232.jpg 20080221184259.jpg
次にAピラーカバーを外します。このAピラーカバーの注意点は左側画像のようなツメをAピラー部の溝にスライドさせて取り付けしていますので引っ張って外しますと変形したり、割れる恐れがありますので、ピンが浮いた状態で上にスライドさせながら外します。組み付け時もこのツメを溝に入れ忘れますとAピラーカバーが浮いてしまいますので気を付けて下さい。
20080221184736.jpg 20080221184338.jpg  
20080221184403.jpg 20080221184434.jpg 20080221184854.jpg 
20080221184801.jpg 20080221184831.jpg 20080221184924.jpg
今回のナビ取り付け方法は純正取り付けで、ナビユニットの取り付け位置が助手席下に専用取り付けブラケットを使用しての取り付けですので助手席を外す準備します。右上画像のキッキングプレートを外し中段左画像のキッキングカバーを外します。フロアカーペット内に各配線、コード類を通して行きますのでカーペットを捲れ易くする為中段右画像のようにBピラーカバーを外します。次にシート固定ボルトを外しますので、下段左、中央画像のカバーを外して下段右画像のボルトを4本外します。
20080221184950.jpg 20080221185017.jpg 20080221185053.jpg
シート用固定ボルトが外れたところでシートが室内&ドアパネルに当たってキズが付かないよう保護フイルムを貼り付けして、慎重にシートを室外に出します。
20080221184456.jpg 20080221184516.jpg 
20080221184545.jpg 20080221184618.jpg
20080221185124.jpg 20080221185146.jpg 20080221185605.jpg
シートが外れましたら、グローブBOXを外します。上段左側画像のようにピンで固定(写っていない位置にもありますので注意して下さい)されていますので外してグローブBOXを引き出します。この時一緒にグローブBOX横の小物入れも外します(中段左側画像)。グローブBOXが外れたところで、各信号線の取り出しを行っておきます。
20080221185229.jpg 20080221185315.jpg 20080221185356.jpg
20080221185429.jpg 20080221185452.jpg
各配線、コード類をカーペット内の配線類が金属部干渉していまわない位置に通して上段中央の位置から引き出して、取り付けブラケットを取り付けしてナビユニットに各配線類を接続してブラケットに固定します。
20080221185533.jpg 
シートを組み付けして各パネル類を取り付けします。ナビユニットはこんな感じの取り付けになります。
20080221185656.jpg 20080221185727.jpg 20080221185815.jpg
20080221185842.jpg 20080221185931.jpg 20080221190013.jpg
20080221190039.jpg 20080221190105.jpg 080221_1800431.jpg
080221_1758101.jpg 20080221190342.jpg
ここからは社長の作業でパネルの加工を行います。まず画像には無いですがダッシュボード(インパネ)上にセンターBOXがあるので蓋を開けタッピングスクリュー2本を外し取り外します(画像左上のBOX)次に2番目の画像のスプリングピンをラジオペンチなどを使用し左右共引き抜きます。スプリングピンが抜けると開閉時のバネになっているスプリングがゆるくなるので取り外します(蓋を分解した画像は2段目左端になります)取り外したセンターBOXに型紙を当てがい、テープ等でしっかりと固定し穴あけ位置中心にポンチで印を付けます(この時のマーキング位置が微妙にずれるとモニターケーブルを通した時にケーブルに負担が掛かってしまうので注意します)。サイズは30Φと8Φの穴を開けます(2段目右端の画像)。次にディスプレートレイにモニターの背面のスライド式ナットと底面のモニター固定用ユニファイネジを取り付けする為の穴開け加工をします(3段目左端と中央の画像)。文章だけでは今一解りにくいと思いましたので要領書の画像もアップしてみました(^^)。
20080221184648.jpg 20080221184714.jpg
20080221190440.jpg 20080221190500.jpg 20080221190533.jpg
ETCの取り付けはいつもの様にキーシリンダー部より電源取り出しになりますので、上段画像のように小物入れを外してコラムカバーを外しいつものように電源を取り出しします。下段中央画像の位置からGPSアンテナと電源線を元々開いている穴がありましたので、ここから出してETC本体と接続しETC本体を貼り付けします。
20080221190408.jpg
各取り外しを行った箇所を元通り組み付けして作動確認を行いキズチェック、電気廻りのチェックを行って作業終了です。このタイプのデミオにお乗りの方何となくお分かり頂けましたでしょうか?純正取り付けはこんな感じです(^^)。
by KIN




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/12(金) 01:05:14 | | #[ 編集]
アキト様 初めまして!!。
コメントありがとうございます!!。
当社ブログがお役に立てましたようで何よりです(^^)。
ここ最近マツダ車のブログが激減してしまっておりますが掲載させて頂いております記事で何かのヒントにして頂ければ幸いです(^^)。
また当社でお役に立てる事がございましたら何なりとご相談下さいませm(_)m。
2010/02/12(金) 20:09:54 | URL | カーテックつかさのKIN #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/04/28(月) 21:43:26 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。