FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
ダイハツ ネイキッド

ネイキイドETC1
今回の作業はダイハツのネイキッドにパナソニック製のETC車載器(CY-ET907KD)の出張取り付けです。ETCの取り付けは結構お客様の自宅での作業が多いのですが、作業スペースがあまり無かったり駐車場の電気が暗かったりして困るのですが今回は中古車販売店での作業でしたので作業スペースも広くて天気も良かったのでスムーズに作業が出来ました。
ネイキッドETC3 ネイキッドETC4 ネイキッドETC2
最近のETCのアンテナ受光部はほとんどのメーカーがフロントガラスに取り付けるタイプになっています。パナソニック製の分離型ETCもフロントガラスに取り付けをします。配線を天井の内張りの中に通して行きそれからピラーのカバーを外してその中の純正配線と一緒に固定をして挟まったりしないようにグローブボックス裏まで取り回しをします。
ネイキッドETC5 ネイキッドETC6
ETCの電源取り出し場所はいつもと同じキーシリンダーのカプラー配線からです。ETCの電源は常時電源とACC電源とアースの3本取り出すのがほとんどなのですが、この3本だったらオーディオからも取り出ししても同じではないかと考えるでしょう。ですが電装整備をしているとよくオーディオの修理・点検をする機会があるのですがオーディオが壊れてオーディオのヒューズが切れてしまっていることが有ります。オーディオで電源を取り出しているとこのようにヒューズが切れてしまうとETCにも電気が行かなくなってしまいます。そのことに気がつかないで高速でETCのゲートを通るとバーが開かず車がバーに当たってしまうかも知れません。キーシリンダーだと電気がこないということはエンジンがかからないのでオーディオで取り出すより確実なので出来る限りキーシリンダーから取り出すようにしています。
このネイキッドはハンドル下のパネルを外せばキーシリンダーのカプラーが見えるのでそのカプラーから電源を取り出します。
ネイキッドETC6 ネイキッドETC7 ネイキッドETC8 ネイキッドETC9
キーシリンダーのカプラーに検電器テスターをあてて常時電源とACC電源を探します。電源配線が見つかればカプラーを外して作業をしやすいように少し下に持っていきます。配線の被服をカッターでむいて銅線が見えるようにしてはんだ付けをします。絶縁テープをしっかりと巻いてショートしないように処理をしてカプラーをしっかりと差し込みます。
ネイキッドETC10
ETC本体はグローブボックスに取り付けすることになりましたので電源配線をjグローブボックスの後ろまで持っていきます。グローブボックスを取り外して運転席側を覗き込むとオーディオ裏にもスペースが広くあり、手をその奥に入れて運転席側から配線を持ってきます。電源配線が車両側に干渉しないようにしっかりと固定して処理していきます。ETC本体に電源配線とアンテナ配線を接続してグローブボックス横に固定します。グローブボックスを開け閉めして配線が挟まったり車両に干渉しないように処理をして作動確認をします。キズ・汚れなどのチェックをして作業は終了です。
アルファロメオ155ブレーキパット4 アルファロメオ155ブレーキパット3
今日は仕事が早くかたずいたので自分の車をさわっていました。去年フロントのブレーキパットを変えて途中で面倒くさくなってリアのブレーキパットを変えなかったのですが気になっていたので交換することにしました。
アルファロメオ155ブレーキパット2 アルファロメオ155ブレーキパット1
リアのパットを外してみると全く残っていない状態でした。ローターにはキズは付いていなかったのでギリギリセーフでした。
アルファロメオ155ブレーキパット5 アルファロメオ155ブレーキパット6
ブレーキキャリパーのピストン(ねじ込み式)を押し込むのに最近は便利な工具があるのですね!!
BY TANI



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック