神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハマー H2
ハマー ハマー
ハマー2 ハマー3
ハマー4 
今回は土曜日のブログの続きで取り付け編のブログになります。まずは各アンテナの貼り付け位置の位置決め作業と脱脂作業を行います。運転席側のサンバイザーにマイクを設置して脱脂作業を行いましたフロントガラスに地デジTVアンテナとETCアンテナを貼り付けします。運転席側の各アンテナ&マイク線を天張り内に通し助手席側の地デジアンテナ線と共にAピラーへ引き廻します(今回の車両の天張りは少し硬く引っ張り過ぎますとヨレてしまいそうでしたので天張りを引っ張る際は十分注意して下さい)。各アンテナ&マイク線を助手席側Aピラーへ引き廻しましたら社長が引き廻してくれましたバックカメラ映像入力用RCAコードとリバース(バック)信号線(今回リバース信号の取り出しはテールランプ部で行いましたので配線色は社長のブログでご紹介させて頂きます)と共に針金などを使用してダッシュボード内へ引き込みます。この時GPSアンテナも2段目右画像の位置に設置しアンテナ線をダッシュボード内へ引き込んでおきます。引き込みました各アンテナ&マイク線は車両配線に這わせてオーディオ取り付け位置へ引き廻します(ETCアンテナ線は車載器をグローブBOX内に設置しますので左下画像のように引き出しておきます)。
ハマー5 ハマー6
ハマー7 ハマー8
ハマー9 ハマー10
各アンテナ&マイク線の引き廻し作業が終わりましたらナビ電源線の準備と接続作業を行います。オーディオハーネスモジュールやETC連動ケーブルを最終ナビ組み付け時にユニット裏に納めるのは不可能な為2段目画像のようにダッシュボードの一部を切り取りモジュール本体と余りのETC連動コードをダッシュボード裏に逃がすようにします(この切り取り作業を行う時に注意して頂きたいのは2段目の画像でお分かりになると思いますが車両配線が近くに通っていますので車両配線を切断してしまったり傷付けたりしないよう注意して作業を行って頂きたいと思います)。ダッシュボードの一部を無事切り取りましたらナビ電源線を車両オーディオ電源コネクターに接続しオーディオモジュールユニットを右下画像のようにタイラップ(結束バンド)で車両鉄板部に固定します。
ハマー11 ハマー12
ハマー13 
次に各信号取り出し作業を行います。先程も書きましたがリバース(バック)信号線の接続位置と配線色は社長のブログでご紹介させて頂きますのでしばらくお待ちください。車速信号線はオーディオコネクターの緑/白線に接続します(資料の画像も載せておきますので参考にしてみて下さい。サイドブレーキ信号の取り出しは左下画像のサイドブレーキペダル部の青線へ接続します(引き廻し画像を撮り忘れてしまいましたが・・・ハンドルシャフトなど可動部を避けてサイドブレーキ信号取り出し配線を引き廻すようにして下さい)。
ハマー14 ハマー15
ハマー16 
次にナビユニットの組み付け準備を行います。まずオーディオ取り付けブラケットのみを右上画像のように組み立てます(オーディオ周りのパネルがナビモニター開閉時に引っ掛かり開かなかったりする場合が有るようですのでオーディオ周りのパネルの下部(右上画像部)を1mm程度削っておくようにして下さい)。組み立て&加工作業が終わりましたらオーディオブラケットをナビユニット本体に取り付けます。
ハマー17 ハマー18
組み付け準備が終わりましたナビユニットを車内へ持ち込み各電源&アンテナ線の接続忘れや抜けが無いようしっかり接続します。この時ETC電源&USB接続ケーブルをグローブBOX取り付け位置に引き廻しておきます。各配線の接続&引き廻し作業が終わりましたら配線の噛み込みに注意しながらナビユニットを車両へ組み付けます。
ハマー19 ハマー20
ハマー21 ハマー22
次にETC車載器&USB接続ケーブルの設置作業を行います。ドリルを使用しグローブBOXに穴をあけましたらETCアンテナ&電源線とUSB接続ケーブルを通しグローブBOXをダッシュボードへ組み付けます。グローブBOX内の脱脂作業を行いETC車載器へアンテナ&電源線をシッカリ接続しましたら左下画像の位置に設置します。各取り付け作業が終わりましたら取り外しましたパネル&カバー類を元通り組み付けして作動テストを行って行きます。
ハマー23 ハマー24
ハマー25 ハマー26
ハマー27 ハマー28
エンジンを始動しナビユニットが作動する事を確認します。車両を工場の外へ出し地図画面で現在地が合っている事を確認しましたら車両信号情報画面で各信号の取り出し状態をチェックします。地図画面の現在地と各信号の取り出し状態に問題の無い事が確認出来ましたらETC車載器へカードを挿入しナビユニットがETCカードを認識しているか確認します。ナビ側の作動に問題の無い事が確認出来ましたらオーディオ類の作動テストを行って行きます。FM/AMラジオ&地デジTVの各チューニングを合わせ受信状態をチェックします。オーディオの各作動にも問題が有りませんでしたので車両を工場内へ戻し最終キズ&電気廻りチェックを行って作業終了です。
さて本日は久しぶりに当社ブログリンクコーナーに新しいお仲間、「自動車好きの日記」様のブログをリンクさせて頂きましたのでご紹介させて頂きます。自動車関連の話題やご自身のお車の改造のお話しなどなど色んな記事を書かれていらっしゃいますので興味の有る方、是非覗いてみて下さい(^^)。
by KIN
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。