FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
トヨタ ハリアー
ハリアー ハリアー2 ハリアー3
今回は業者様から「新車のハリアーにナビを取り付けして欲しい」とご依頼を頂き取り付け作業を行いました。取り付けしますナビや取り付けキット、配線類などは業者様がご用意して下さいましたモノ(右画像)を取り付けして行きます。
ハリアー4 ハリアー5
ハリアー6 ハリアー7
それでは作業に取り掛かって行きたいと思います。まず各アンテナの設置準備で助手席側のAピラーカバーから取り外して行きます。ウェザーストリップを引っ張って外しAピラーカバーの上部を引っ張ります。Aピラーカバーの上部がAピラーから外れますと右上画像のように(ETCのアンテナ線で写っていませんが・・・)ベルト式のロックピンが取り付けされていますのでラジオペンチなどを使用しベルト部を90°回します。ベルトがAピラーカバーから外れましたら更にカバーを室内側へ引っ張ってAピラーから外し天張りに注意しながらダッシュボードから引き抜きます。
ハリアー8 ハリアー9
ハリアー10 ハリアー11
ハリアー12 ハリアー13
次はグローブBOXの取り外しを行うのですがまずグローブBOX下のロアカバーから外します。2段目右画像オレンジ色〇印部のツメ3ヶ所を押しロックを解除してロアカバーを2段目左画像の手順で外します。
ハリアー14 ハリアー15 ハリアー16
ハリアー17 ハリアー18
ハリアー19 ハリアー20
次にキッキングプレート&カバーの取り外しを行います。キッキングプレートを上段中央画像のように引っ張り車両から外します(キッキングプレートの各ツメ部の割れや変色に注意して下さい)。キッキングプレートが外れましたらカバーを室内側に引っ張りプラスチックピン部が車両から外れましたら手前に引き出す感じで外します。キッキングカバーが外れますと左下画像白〇印部にグローブBOX取り付けボルトが見えますので外します。
ハリアー21 ハリアー22
ハリアー23 ハリアー24
キッキングカバー側の取り付けボルトを外しましたらセンターコンソルール側の取り付けボルト(左上画像)を外します。次にグローブBOXを開けますと見えます取り付けビス2本(右上画像)を外してBOX本体に「トントン」と軽くショックを与えます。そうしますとBOX本体が左下画像のように外れて来ますのでBOX裏の電源コネクターを外して車外へ取り出します(BOX本体は少し重いので落としてしまわないよう注意して下さい)。
ハリアー25 ハリアー26 ハリアー27
ハリアー28 ハリアー29 ハリアー30
次はシフトパネルとシガーソケットパネルを外します。センターコンソールとシフトパネルにキズを付けてしまわないよう注意しながらオーナメントリムーバーツールを差し込み(上段中央画像)パネルを浮かせます。パネルが浮きましたら上方向へ引っ張って外します。次にシガーソケットパネルをセンターコンソールとの干渉に注意しながら手前に引き出し電源コネクターを外します。(注:センターコンソールの素材は柔らかいのでオーナメントリムーバーツールなどを差し込んだりする際は破れや変形には十分気を付けて下さい)
ハリアー31 ハリアー32 ハリアー33
ハリアー34 ハリアー35
ハリアー36 ハリアー37
シフトパネルとシガーソケットパネルを外しますとオーディオブラケット取り付けボルト4本が見えます(上段画像)。オーディオブラケット取り付けボルトを外して行くのですが上段中央と右上画像部分のボルトが外し難い上に落ち易い場所に有りますので磁石などを用意しておいてボルトの落下防止対策を施してから取り外す方が良いかと思います(実際僕も少し苦戦しました(^^;)。各取り付けボルトを無事外せましたらオーディオパネルを手前に引っ張って外します。
ハリアー38 ハリアー39
ここからは取り付け作業になります。各アンテナの貼り付け位置を決めフロントガラスの脱脂作業を行います。左右地デジアンテナとGPS(助手席側)アンテナそれぞれをフロントガラスに貼り付けしアンテナ線を天張り内に通します(今回の天張りは硬いタイプの天張りでしたのでアンテナ線等の引き廻し作業を行う際は指など切らないよう注意して作業を行うようにして下さい)。引き廻しました各アンテナ線は助手席側Aピラー車両配線と束ねながらダッシュボード内へ引き込みます。
ハリアー40 ハリアー41 ハリアー42
ハリアー43 ハリアー44 ハリアー45
ハリアー46 ハリアー47 ハリアー48
ハリアー49
次にナビ電源線の準備を行い車両側のオーディオ電源コネクターと接続します。各信号取り出し配線(車速&リバース)と各アンテナ線を2段目左画像の位置にそれぞれの方向へ這わせ車両配線と束ねます。車速信号線はグローブBOX奥の車両コントロールユニット(2段目中央画像)位置に引き廻しリバース(バック)信号線はキッキングカバー裏の3段目左画像位置へ引き廻してそれぞれ接続作業を行います(サイドブレーキ信号線の取り出し画像は画像が保存出来ていませんでしたので3段目右の資料を参考にしてみて下さいm(_)m)。各信号線の取り出し作業が終わりましたら各アンテナ線を左下画像の位置に束ねて処理しグローブBOX・キッキングカバー&プレート・Aピラーカバー等を元通り組み付けます。
ハリアー50 ハリアー51 ハリアー52
ハリアー53 ハリアー54 ハリアー55
次はナビユニットの取り付け準備を行います。オーディオパネルとブラケットを上段中央画像のように分解します。分解しましたオーディオブラケットとオーディオパネルをナビユニット本体に組み付けし落とさないよう注意しながら車内へ持ち込み各アンテナ線と電源コネクターを接続します。各配線の噛み込みが無いか注意しながらナビユニットを車両に取り付けましたら(取り付け時もオーディオブラケット取り付けボルトを落とさないよう注意して下さい)各パネル類を元通り組み付けして作動確認を行います。
ハリアー56 ハリアー57
ハリアー58 ハリアー59
エンジンを始動させナビユニットが正常に作動している事を確認しましたら車両を工場の外へ出します。地図画面で現在地が合っている事を確認しましたらシステムチェック画面でGPSアンテナの受信状態や各信号線の取り出し状態をチェックします。ナビ側の作動に問題が無い事を確認しましたらオーディオ類の作動確認を行います。FM/AMラジオと地デジTVの放送局を合わせましたら各受信状態をチェックします。今回ラジオの受信には問題が無かったのですが地デジTVが映らないと言う事態が発生しました。ナビモニターに「ICカードが・・・」と言う表示が出ましたのでB-CASカードホルダーを見てみましたところカードが挿入されておらず業者様に確認してみましたら「言うの忘れてた!今、注文中!!(^^)」と言う返事を頂きましたので後日カードを挿入して確認して頂く事になりました。ですので今回は地デジ放送受信状態の画像は有りません(^^;。以上でナビユニットの作動確認は終了となりますので車両を工場内へ戻し最終のキズ&電気廻りチェックを行って作業終了です。
IS03.jpg
さて携帯電話の進化と言うのは本当に凄いですね~もはや電話ではなく端末機器ですか・・・正直時代に置いて行かれそうです(^^;。当社社長は今、画像のスマートフォンに買い替えるかどうかで悩んでおります(自宅でネットやカタログを読み込んだりして色々調べているようです)(^^)。電話やメールの機能はもちろんですが僕達の場合作業の写真も携帯電話のカメラで撮っておりますのでカメラの使い易さも重要になってきます。発売まであと1週間らしいのですがどうなる事やら・・・(^^)。僕は社長が使ってみてから考えようと思っております(^^)。
by KIN 
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック