FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
ホンダ ステップワゴン
ステップワゴン ステップワゴン2
ステップワゴン3 
今回は一般のお客様からポータブルナビはご自身で取り付けをされバックカメラの取り付けもチャレンジされかけたらしいのですが「配線が難しそうなので・・・」と言う事で当社へ取り付けのご依頼を下さいました。作業はいつものようにバックカメラ本体の取り付けを社長が行い僕はコントロールユニット等の取り付けを行って行きますのでリヤゲート周りの社業は社長のブログをお待ち下さいm(_)m。
ステップワゴン4 ステップワゴン5 ステップワゴン6
ステップワゴン7 ステップワゴン8
それでは作業に取り掛かって行きたいと思います。まず社長が引き廻して来ますバックカメラ線の引き込み準備で助手席側Aピラーカバーの取り外しを行います。ウェザーストリップを引っ張って外しAピラーカバーを室内側へ引っ張ります。AピラーカバーがAピラーから外れましたら天張りとの干渉に注意しながらダッシュボードから引き抜きます(今回の車両のAピラーカバーには左下画像の位置にミラーが取り付けされていました。全てのステップワゴンに取り付けされているのかは分かりませんがもし取り付けされている場合はミラーの破損などに注意して取り外しを行うようにして下さい)。
ステップワゴン9 ステップワゴン10 ステップワゴン11
ステップワゴン12 ステップワゴン13
次は引き込みましたバックカメラ線の引き廻し準備でグローブBOXの取り外しを行います。グローブBOXを開けますとセンターコンソールパネル側にグローブBOXダンパーが取り付けされていますので右上画像のように押してロックを解除します。次にグローブBOX下の取り付けボルト(左下画像)を外します。取り付けボルトを外しますとグローブBOXがフリーになりグラグラになってしまいますのでBOXを落下させないよう注意してダッシュボードから引き抜きます。
ステップワゴン14 ステップワゴン15
ステップワゴン16 ステップワゴン17
次はバックカメラコントロールユニットの設置準備でセンターコンソールパネルの取り外しを行います。センターコンソールパネル両側面部に取り付けされていますプラスチックピンを外します(運転席側2個・助手席側1個)。
ステップワゴン18 ステップワゴン19 ステップワゴン20
ステップワゴン21 ステップワゴン22
センターコンソールサイドパネル取り付けピンを外しましたらドリンクホルダーを引き出します。ドリンクホルダーを引き出しましたらドリンクホルダー下に潜りベビードライバー(マイナス)などで左下画像のツメを起こして右上画像のように引き抜きます。ドリンクホルダーを外しますと右下画像の位置にセンターコンソールパネル取り付けビス3本が見えますので外します。
ステップワゴン23 ステップワゴン24 ステップワゴン25
ステップワゴン26 ステップワゴン27 ステップワゴン28
プラスチックピン・取り付けビスが外れましたらセンターコンソールパネルを手前に引っ張ります。センターコンソールパネルを引き出しましたらシガーソケット電源コネクターを外してセンターコンソールパネルを車外へ取り出します(車内のパネルやダッシュボード等との干渉に注意しながら取り出し作業を行うようにして下さい)。
ステップワゴン29 ステップワゴン30 ステップワゴン31
次はバックカメラ線等をナビユニットまで引き廻す際配線類をなるべく目立たなくさせる為オーディオ下のパネルを取り外し加工作業を行います(パネルの加工画像は後程出て来ます)。オーナメントリムーバーツールを差し込みパネルを浮かせて行き左画像の手順で取り外します(今回オーディオパネルの取り外しは有りませんがオーディオパネルを外す場合は右画像のオーディオブラケット取り付けボルトを外しブラケットと一緒にパネルを外すようです)。
ステップワゴン32 ステップワゴン33
ステップワゴン34 ステップワゴン35
ステップワゴン36 ステップワゴン37 ステップワゴン38
次はリバース(バック)信号線の取り出し準備でハンドルコラムカバー下ロアカバーの取り外しを行います。右上画像のように小物入れを開けますとロアカバー取り付けビスが見えますので外してロアカバーを手前に引き出します。ロアカバーを引き出しましたら内気温センサー電源コネクターなどの電源コネクターを外して車外へ取り出します。後から接続画像が出て来ますがリバース(バック)信号取り出し作業は右下画像のコネクター部で行います。
ステップワゴン39 ステップワゴン40
ステップワゴン41 ステップワゴン42
ステップワゴン43
ここからは取り付け作業になります。まずバックカメラコントロールユニット電源線に絶縁テープを巻き付けして電源線の保護作業を行います。保護作業の終わりました電源線をシガーソケット電源線に接続しハンダ&絶縁処理を施します(今回バックカメラ線(社長が引き廻して来ます配線)の長さに制限が有りバックカメラコントロールユニットをセンターコンソール下部に設置しなければならない為電源の取り出しはキーシリンダー電源コネクターではなくシガーソケット電源線から行いました)。次にカメラアングル切り替えスイッチとバックカメラ映像入力コードを準備し先程外しましたオーディオ下パネル部に通します。
ステップワゴン44 ステップワゴン45 ステップワゴン46
社長が引き廻してくれましたバックカメラ線をAピラーに這わせスポンジテープで固定しながらダッシュボード内へ引き込みます。引き込みましたバックカメラ線を中央画像のように車両配線に這わせて他の配線類と共にセンターコンソール下部に引き廻します。
ステップワゴン47 ステップワゴン48
ステップワゴン49
次にナビ電源線やバックカメラ映像入力用コードをオーディオパネルに這わせてナビユニットへ接続しバックカメラアングル切り替えスイッチをオーディオパネル右側に設置します(左上画像)。各配線の接続作業とスイッチの設置作業が終わりましたら先程外しましたパネルに溝を作り配線の噛み込み防止作業を行います(右上画像)。加工の終わりましたパネルをダッシュボードへ組み付けし各配線が噛み込んでいないか確認します。
ステップワゴン50 ステップワゴン51
ステップワゴン52
ナビユニット側への各配線類の接続作業と切り替えスイッチの設置作業が終わりましたらコントロールユニットを準備し右上画像のように各配線を抜けが無いよう接続します。接続作業が終わりましたコントロールユニットに両面テープを貼り左下画像の車両コントロールユニット上部に貼り付けます。
ステップワゴン53 ステップワゴン54
ステップワゴン55 ステップワゴン56
ステップワゴン57
最後にバックカメラコントロールユニット電源線から出ていますリバース(バック)信号取り出し配線を車両配線と束ねながらヒューズBOX上部のコネクター位置まで引き廻し接続作業を行います。以上で僕の行います作業は完了となりますので取り外しましたロアカバー・センターコンソールパネル・グローブBOX・Aピラーカバーを組み付けし社長の行っています作業の完了を待ちます。2段目右&左下画像は車速信号取り出し位置とサイドブレーキ信号取り出し位置の画像になりますのでナビ取り付け作業時の資料にして下さい。
さて今回のステップワゴンは当社も初の作業でしたが同タイプのステップワゴンにお乗りの皆さんの参考にして頂ければと思います(^^)。以前にも書きましたがここ数日一般のお客様からのメールやお電話でのお問い合わせが増えてきておりまして当社と致しましても嬉しい限りです(^^)。お客様へ・・・最後になりましたがこの度は当社にご入庫頂きましてありがとうございましたm(_)m。また何かのお取り付け等ございましたらお気軽にご相談下さい(^^)。
by KIN
スポンサーサイト



FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!