FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
トヨタ プリウス
カメラ 
今回の作業は先日トヨタ プリウスでナビゲーション取り付け作業日誌ブログのご紹介をさせて頂きました続きのバックカメラ取り付け作業になります。
カメラ2 カメラ3
バックカメラ取り付け位置は純正のバックカメラが付く所でと言う事でしたので左画像に有ります赤〇印部の純正バックカメラ取り付け時に使用致しますガーニッシュカメラ位置の目隠し用カバーを取り外し、ガーニッシュ内にバックカメラを設置致します。取り付けするバックカメラはパナソニック製品CY-RC51KDになります。
カメラ4
以前プリウスのバックカメラ取り付け作業でご紹介させて頂きましたが、バックカメラを取り付けする為リヤハッチゲートのガーニッシュカバー及びハッチゲートトリムカバーの取り外しが必要になります。このトリムカバーは全てが一部分づつ重なり合っていますので順番に取り外していく必要が有りますので、画像内に取り外していくパネルの順番を記載していますのでご参考にしてみて下さい(^^)。
カメラ5 カメラ6 カメラ7
まず始めに①のパネル端側より順番に浮かせ取り外しを行って行きます。両端は横のパネル部にツメで引っ掛かっていますので無理に引っ張らない様注意が必要です。両端が浮きましたら順番に固定ピンを浮かせて行き外します。
カメラ8 カメラ9 カメラ10
次に②のパネルをL型に曲がっている側(下側)より順番に浮かせて外して行きます。このパネルは反対側にも有りますので左右同様手順で取り外しを行います。
カメラ11 カメラ12
カメラ13 カメラ14
①②のパネルが外れましたら、次は一番大きなパネル③の取り外しを行います。このパネルのサイド部分には左画像の様に切り欠き部が有りますのでこの切り欠き部にオーナメントリムーバー等を差し込みコゼる様にして固定ヶ所のピンを浮かせて行くのですが変形やキズ等に注意しながら外して行きます。一ヶ所浮きましたら右側画像の様に指を引っかけ端側より順番に浮かせて行き全体を外します。一人で作業を行う際はパネルのキズや落下等に気を付ける様にして下さい(^^)。
カメラ15 カメラ16 カメラ17
最後に④のぱねるを他のパネルと同様の手順で取り外しを行います。
カメラ18 カメラ19
カメラ21 カメラ22
カメラ23 カメラ24
カメラ25 カメラ26
各パネルが外れましたらリヤガーニッシュカバーを取り外しする為、取り外し時にキズ等付く恐れのある個所に養生して行きます。次にハッチゲート内側のガーニッシュ固定用10mmナットを4個外します。ガーニッシュの固定は他にプラスチックピンで固定されていますので、画像内の黄色いプラスチックピンをラジオペンチ等を使用して軽くつまみ押し出して行き全体をハッチゲート側より浮かせて行きます。プラスチックピンは全部で11ヶ所留まっています。外しましたガーニッシュカバーより純正バックカメラ取り付け位置に当たる箇所の目隠し用カバーを取り外します。
カメラ28 カメラ29
カメラ30 カメラ31
カメラ32 カメラ33
カメラ34
先程の説明で抜けている所が有りましたので補足しておきます。ガーニッシュカバーを取り外しする際に目隠し用カバーのサイズに合わせてマスキングテープ等を使用しマーキングしておくとカメラ設置時に位置合わせが行い易いのでマーキングする様にして下さい。
マスキングテープでマーキングしました位置に合わせバックカメラ本体を宛がい、バックカメラケーブルの引き込みを行う為の位置決めを行います。2段目左画像の様に穴開け位置を決めましたら鉄板部裏側に何もない事を確認します。問題有りませんでしたので穴を開けます位置の裏側にガムテープを使用して切り粉が飛散しない様にする為囲いを作ります。シッカリと囲いが作れましたらドリルを使用してボディに穴開けを行います。この穴開けヶ所に使用するグロメットを用意して(2段目右側画像)内側の直径を測りこの直径よりも若干小さめの穴を開けます。穴をあけましたらガムテープの囲いを外し切り粉が飛散していないかシッカリと確認を行い、問題有りませんでしたので穴を開けました鉄板部の切り欠き部にさび止め剤を塗布し乾燥させます。
カメラ35 カメラ36 カメラ37
カメラ38 カメラ39 
カメラ40 カメラ41
カメラ42 カメラ43
さび止め剤が乾燥しましたらバックカメラケーブルを先程用意しましたグロメットに通しバックカメラ本体を仮設置しケーブルをハッチゲート裏側へと引き込んで行きます。仮にグロメットを設置しカメラケーブルを車両ハーネスに沿わせ引き廻し固定を行って行きます。車両ハーネスに沿わせて引き廻しましたら2段目画像のハッチゲートと車両室内を繋いでいます車両ハーネス保護用のグロメットが有ります。今回バックカメラケーブルをこのグロメット内部に通し車両室内側へと引き込んで行きますので画像の様にグロメットを外して行きます。このゴムの内部には車両ハーネスが引き込まれていますので、バックカメラケーブルの接続カプラーでキズを付けたり切断してしまわない様引き込む際は先端にテープを巻き付け潤滑材を塗布してから引き込みます。3段目画像の様にグロメット内にケーブルが通りましたら、右側画像の天張り部固定用プラスチックピン2ヶ所を下段画像の様にピン抜き用専用工具を使用して外します。この工具をそのまま使用しますと天張り部にキズや汚れを付けてしまう可能性が有りますので綺麗なウエスを用意し巻き付けピンをコゼルのでは無く下方へ引き下げる様にしてピンを外して行きます。前側でナビゲーションの取り付け作業を行っていますのでバックカメラユニットからの映像出力用RCAケーブルを引き廻して来てもらい後から出て来ますがバックカメラユニットへ接続します。
カメラ44 カメラ45
カメラ46 カメラ47
カメラ48 カメラ49
カメラ50 カメラ51
カメラ52
天張りピンを外したら天張りを下方へ撓ませカメラケーブルを引き込みます。引き込みましたカメラケーブルをラゲッジルーム内へ引き廻す為Cピラー及びクォーターパネルを浮かせて行きます。2段目画像のパネルを外し左横のケース固定ナット(プラスチック製)を取り外して行きます。助手席側後部座席のサイドステップカバーを外します。
カメラ53 カメラ54
バックカメラ本体からのケーブルと映像用RCAケーブルとユニット本体電源用ケーブルの3点を接続し画像右側位置へ貼り付け固定します。バックカメラユニット本体の電源はバック信号とアース信号の取り出しになります。 
カメラ55 カメラ56 カメラ57
カメラ58 カメラ59
電源の取り出しを行う為画像に有りますパネルを外して行き、下段画像のフック固定用ボルトを外しサイドパネルを浮かせて電源ケーブルを引き廻しして行きます。
カメラ60 カメラ61
カメラ62
今回は電源の取り出しにテールランプへ接続されていますカプラー部より検電器テスターを使用してバック信号線を探して行き、今回の車両では赤線がバック信号線でしたので被覆を捲りいつもの様にハンダを使用してシッカリと取り出しを行います。取り出ししましたら必ず絶縁テープ等を使用し絶縁処理を施します。アース電源はバッテリーからボディ部へ接続していますアースケーブルの固定ボルト位置へ共締めし取り出しを行い、余りましたケーブルは車両ハーネス部へ固定して行きます。
カメラ63 カメラ64
次にバックカメラ映像を映しカメラ本体の位置決めを行う為ガーニッシュを何度も宛がい位置調整を行って行きます。位置が決まりましたらケーブルを引き込みました位置のグロメット部に防水処理を施します。処理が終了しましたらガーニッシュカバーを組み付けし再度映像チェックを行い位置確認を行います。各取り出し関係が終了しましたので分解していましたパネル類を復元して行きます。
カメラ65 カメラ66
組み付けが終了しましたら締め忘れ等ない事を確認しキズチェック電気廻りチェックを行い作業は終了致しました(^^)。
本日もパソコンのご機嫌が悪い様で何度もやり直しましたので途中から文章等もおかしくなっている所が有るかもしれません・・・(^^;。
by まっちょ  
スポンサーサイト



FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!