FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
日産 マーチ

マーチ
今回は業者様から「エンジンが吹けない車が有るので診て欲しい」とご依頼を頂き確認させて頂きましたところエンジン回転を一定の回転数まで上げると「ブン・ブン・ブン」と息つぎ状態になりエンジンが止まってしまうと言う症状でした。プラグとプラグコードは業者様の方で交換されていましたのでバキュームホースの抜けや破れ、燃料がきちんと来ているかなどの点検を行い特に問題が有りませんでしたので残るはセンサー系の不具合と言う事になって行くのですがこのタイプのマーチはエアフロセンサーに不具合が有りますとコンピューターがエンジンを保護しようと回転を上げないように制御が掛かり息つぎのような状態になります。と言う事で部品のお見積りをさせて頂き業者様にご連絡を入れ「GOで」とお返事を頂きましたので部品をご用意させて頂き交換作業を行いました。
エアフロセンサー・・・吸入空気量を測定します。エンジン内に吸い込む空気量に応じて燃料を噴射させる為エンジン制御には欠かせないセンサーです。
マーチ2 マーチ4
マーチ3
それでは作業に取り掛かって行きたいと思います。まずボンネットを開けバッテリーマイナスターミナルを外します。この車両のエアフロセンサーはスロットルチャンバー内に組み込まれているタイプのエアフロセンサーでスロットルチャンバーごと交換になります。スロットルチャンバー本体はエアクリーナーケースの下に取り付けされていますのでエアクリーナーケースの取り外しを行って行きます。
マーチ5 マーチ6
マーチ7 マーチ8
マーチ9 マーチ10
マーチ11
エアクリーナーケースカバーのロックピン(左上画像)を解除しカバーを外します。カバーを外しましたら2段目左画像位置のエアダクト取り付けボルトを外しエアクリーナーケースからエアダクトを引き抜きます。次にエアクリーナーケースとスロットルチャンバーを接続していますバンド(3段目左画像)を緩めケース本体を引き上げます。引き上げましたケース裏に接続されていますバキュームホースを抜きケース本体を外します。エアクリーナーケースが外れますと左下画像のような状態になります。
マーチ12 マーチ13
マーチ14 マーチ15
マーチ16
エアクリーナーケースが外れましたらスロットルチャンバーに接続されています冷却水&バキュームホース、スロットルワイヤー、キックダウンケーブル、各電源コネクターを外します。次に2段目左画像位置に有りますスロットルチャンバー取り付けボルト(六角レンチが必要)を4本外しスロットルチャンバー本体を外します。スロットルチャンバーが外れましたら古いガスケットを剥がしインレットマニホールド側を綺麗に処理しておきます。
マーチ17 マーチ18
マーチ19
取り外しましたスロットルチャンバーと新品スロットルチャンバーを比較し形状などを部品が合っている事を確認します。部品に間違いが無い事が確認できましたらガスケットがずれないよう注意しながらスロットルチャンバー本体をインレットマニホールドへ組み付けします。取り外しました各ホース、ワイヤー、電源コネクターを元通り接続しエアクリーナーケースを取り付けします。エンジンを始動しエンジンが正常に吹き上がる事が確認できましたら電気廻りチェックを行って作業終了です。
さて当社は明日から連休を頂きますが残念なのは昨日僕の中で今シーズンのプロ野球が終わってしまったと言う事です(T T)。選手の皆さん1年間お疲れ様でした!!。来年こそ阪神タイガースVSオリックスバファローズで日本一争い期待しています!!。これからCS&日本一を争うチームを応援されていらっしゃる皆さん!!頑張って応援して下さいね~(^^)。
by KIN
    

スポンサーサイト



FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!