FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
日産 スカイライン

スカイライン スカイライン2
今回の作業は、業者様からのご依頼で日産 スカイラインに現在レーダー探知機をお客様が取り付けをされているのですがレーダー探知機の電源線が丸見えの状態なので、電源ケーブルを極力見えない様に引き廻しして欲しいのと電源を見えない裏側から取り出しをして欲しいとのご依頼を受け早速お車をお預かりし作業を進めて行きます。
スカイライン3 スカイライン4
レーダー探知機は画像の状態で取り付けされており、電源ケーブルもレーダー探知機よりそのままシガーソケット部へ接続し、電源ケーブルが剥き出しで見えている状態でしたので早速レーダーの位置は変更せずに電源ケーブルの引き廻し変更と電源の取り出し作業に掛かって行きます。
スカイライン5 スカイライン6 スカイライン7
スカイライン8 スカイライン9
まずレーダー探知機からの電源ケーブルを引き廻しする為、運転席側Aピラーカバーを取り外して行きます。Aピラーカバーを外しますので、いつもの様にウェザーストリップをずらし(上段中央画像)Aピラーカバーを浮かせて行きます。いつもですとオーナメントリムーバー等の工具を使用して外して行くのですがこの車両はAピラーカバーを軽く引っ張りましたらカバーが浮いて来ましたので今回は使用しておりません(他の同じ車両では硬い可能性も有りますので、状況により工具を使用する様にして下さい)。Aピラーカバーを順番に浮かせて行きましたら最終下段画像の様に上方へ引き上げるようにして取り外します。この取り外しの際には天貼りやバイザー等キズが付いたり汚れが付かない様注意しながら取り外すようにして下さい。外しましたAピラーカバーの裏側は下段右画像の様に固定ピンは2ヶ所のみになっております。
スカイライン10 スカイライン11 スカイライン12
スカイライン13 スカイライン14 スカイライン15
スカイライン16 スカイライン17 スカイライン18
次に今回は電源の取り出しをシガーソケット裏側より取り出しする事になりましたので、純正シガーソケットが付いています、灰皿周辺シフト廻りのカバーを外します。最初にシフトノブを取り外して行くのですが上段中央画像の黄色丸印部を下方向へずらしますと右画像の状態になり、黄色丸印部にシフトノブをシャフトと固定しています金属製のロックピンが見えます。このロックピンを中央左画像の様に引き抜き取り外します。このロックピンを取り外しする時に良く飛ばしてしまったり、落としてしまったりする可能性が有りますのでシッカリと掴んでなくさない様に引き抜いて下さい。ロックピンが外せましたらシフトノブを上方へ引き上げ外します。次に、先程外しましたロックピンを失くしてしまわないうちにシフトノブ側へ取り付けしておきます。中央右画像の様にシフトノブへロックピンを接続しておきます。
シフトノブが外せましたのでシフト廻りのパネルを外して行きます。少し浮かせにくいですが今回この場所もオーナメントリムーバーを使用せずに浮かせる事が出来ましたのでパネル後ろ側より順番に浮かせて行き最終灰皿付近を車両後方へ引っ張り取り外しました。
スカイライン19 スカイライン20 スカイライン21
スカイライン22 スカイライン23 スカイライン24
電源ケーブルを引き廻しする為ハンドル下アンダーカバーを外します。アンダーカバーを外すには最初にダッシュサイドに有ります、サイドパネルを外します。外しましたらアンダーカバーに共締め固定されていますボンネットオープナーレバーの固定ボルト10ミリ2本を緩め取り外します。外しましたらアンダーパネルを手前に引っ張り取り外します。
スカイライン25 スカイライン26
レーダー探知機の電源ケーブルは電源取り出し部がシガーソケットに接続するソケット形状になっています。このままでは裏側より電源の取り出しができませんのでケーブルを切断します。このソケットの中にはヒューズが入っていますので画像左側の黄色丸印の別型ヒューズBOXを用意します。ソケット内部より取り出しましたヒューズはガラス管1Aのヒューズが付いていましたのでそのまま新しいヒューズBOX側へ接続し再利用致します。プラス側電源線に新しいヒューズBOXのケーブルをハンダを使用し接続・絶縁処理を行い、レーダー探知機より電源ケーブルを引き廻して行きます。
スカイライン27 スカイライン28
スカイライン29
画像左側の様にハンドルシャフト付近からシガーソケット裏側付近まで電源ケーブルにコルゲートチューブを使用し保護して引き廻しを行います。余ったケーブルは車両ハーネスに固定し処理をしておきます。
右側画像の様にシガーソケット裏側配線から電源取り出しを行うのですが既に別の電源を取り出ししていましたので、接続している分岐タップを取り外しレーダー電源と一緒にハンダを使用して取り出しする事に致しました。下段画像の様に各電源取り出しラインへ接続し絶縁処理を施します。今回の車両では、シガーソケット裏側カプラー内の配線はACC(アクセサリー)電源が黄色線・アース電源は黒線でした。電源の取り出し・引き廻しが終了しましたので分解していました各パネル類を組み付けし、エンジンを始動し作動確認を行います。
スカイライン30 スカイライン31
作動に問題は有りませんでしたので各キズチェックおよび電気廻りのチェックを行い、無事作業は終了致しました(^^)!!。電源ケーブルを引き廻し処理した状態の画像ですが正面から見ると電源ケーブルが殆んど見えずかなりスッキリした感じがします(^^)。レーダー探知機を横から見ますと右側画像の状態で、電源ケーブルを処理し引き廻しています。
実は自分の車もレーダー探知機の電源ケーブルがレーダーより「ダラ~ン!!」とシガーソケットにささっています・・・(^^;。いつでも自分で作業は出来るから、とりあえずとりあえず~と思い・・・数年が過ぎましたが、こうスッキリした画像を見ていると、そろそろ自分の車も電源ケーブルを処理しておきましょうかね~(^^)。レーダー探知機等を取り付けしている、皆様のお車はどうですか?「ダラーン!!」となっていませんか・・・?
by まっちょ

スポンサーサイト



FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!