FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スズキ ワゴンR
ワゴンR
今回の作業は業者様からのご依頼でスズキ ワゴンRのエンジンが掛からなくなったので点検・修理をして欲しいとご連絡が有り、点検しました所オルタネーター(ダイナモ)からの充電電圧が出ていない状態でしたので業者様にご連絡した所、オルタネーターをリビルト品に交換して下さいとのご注文を頂きましたのでお車をお預かりし早速部品を注文し取り外し作業に掛かっていきます。
ワゴンR2 ワゴンR3
ワゴンR4 ワゴンR5
ワゴンR6 ワゴンR7
ワゴンR8 ワゴンR9
上段左に有ります画像がオルタネーターになります。作業に掛かる前にバッテリーのマイナスターミナルを外しておきます。今回オルタネーターリビルト品とファンベルト&クーラーベルトも新品に交換する事になりましたのでクーラーベルトを取り外しする為フロントバンパーを取り外して行きます。まずフロントグリル部に4カ所プラスチックピンでの固定カ所が有ります(上から2段目左画像)ので取り外します。次に右側画像でフェンダー部のフロントバンパー固定ピン左右2カ所を外し、ナンバープレートを外しました中に有りますプラスチックピン(上から3段目画像)を外し 、バンパー下部に2カ所固定プラスチックピンが有りますので外します。この状態でフロントバンパーはフリーになりましたのでキズ等注意しながら取り外しますと下段右画像の様になります。
ワゴンR10 ワゴンR11
ワゴンR12 ワゴンR13
ワゴンR14
エアコンコンプレッサーの固定ボルト3本を緩めクーラーベルトを外します。次に車両上側よりオルタネーターアジャスト用固定ボルト12ミリを緩め車両下側よりオルタネーター固定ボルト1本を緩めファンベルトを外します。外しましたらオルタネーターのB端子固定用ナットを緩め取り外し2極カプラーを外し各ボルトを抜き取りオルタネーターを外します。
ワゴンR15 ワゴンR16
オルタネーターはリンク品に交換しますが何が悪かったのか気になりますのでカバーを外しまずはブラシの状態を見てみます。ブラシは画像を見てお分かりになると思いますが、大分摩耗していますしかも一つは熱を持ったせいで少し焼けて周りのプラスチックが溶けて固着しています。画像には分解している画像は有りませんがローターを点検してみるとレアショートしていましたので、どちらにしても修理には費用が掛かりそうです。オルタネーターリビルト品が到着しましたので取り外しの逆手順で組み付けを行い、ベルト2本も新品のベルトを注文しましたので新しいベルトを組み付けしていきます。
ワゴンR18 ワゴンR17
一通りの作業が終了しバッテリーテスターを使用して充電電流と充電電圧を点検します。充電電流はテスターで負荷を掛けて何A出力されるかをテストします。この状態では20A程出力されています正常です。充電電圧は14~14.5Vの範囲内で出力されていますので正常です。
各電気廻り等をチェックしメーター内のドライヴレンジ球が球切れしていましたので交換し、他は問題有りませんでしたので作業は終了致しました(^^)!!。
ここ数日エンジン始動不良や充電不良の不具合点検の車が多くなっているみたいですが外気温度も上がりバッテリーが少し弱ってきているところにエアコン作動や渋滞・夜間走行などバッテリーへの負担が大きくなっているかも知れませんね~!!エンジンルーム内温度の上昇による機器の痛みなどの症状も考えられますし、来月にはお盆休みも有りますので、遠出される予定が有る方は特に「あれっ!!何かいつもと違うな~」とお気づきになる事が有りましたらお車の点検をされてみては如何ですか?不具合ヶ所も早期発見の方が費用も安く済む可能性も有ると思いますよ~(^^)!!。
by まっちょ            
 
スポンサーサイト



FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!