FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
トヨタ スープラ

スープラ
今回の作業は一般のお客様より電話でご連絡が有りトヨタ スープラのエアコンの調子が悪いので点検&修理をして欲しいとのご連絡を頂き、お車を入庫して頂く日程を調整して頂きエアコンのガス漏れ点検をさせて頂きました。
今回のお客様は大阪からお越し下さいました。ありがとうございます(^^)。エアコンの点検・お見積もりをさせて頂くのに数時間お時間を頂き診断の結果コンプレッサーからのガス漏れが有りましたのでお見積もりをし「修理OK!!」の返事を頂きましたので部品を手配し、後日になりますがコンプレッサークラッチ付きリビルト(クラッチ部は新品になります)とレシーバードライヤーの2点が入荷致しましたので再度ご来店頂きエアコンの修理作業をさせて頂きました(^^)。
スープラ2 スープラ3
スープラ4 スープラ5
交換致しますコンプレッサーとレシーバードライヤーの位置は上段右画像がレシーバードライヤーで下段左画像がコンプレッサーになります(少し分かり難い画像でスイマセン・・・)。エアコンの修理を行う前にガスが残っているか確認を行う為、エアコンゲージマニホールドを接続した所ガスは残っていませんでしたので作業に掛かります。
スープラ6 スープラ7
スープラ8 スープラ9 スープラ10
ジャッキアップし車両下側アンダーカバーを取り外します。画像は車両左側の画像になるのですが反対側にも同じカバーが有りますので取り外します。次にスイマセン画像は無いのですがエンジン下のアンダーカバー(下段中央画像)を取り外す為各ボルトを取り外しカバーを外します。カバーが外れましたら下段右画像の状態になり下からコンプレッサーが確認出来ます。
スープラ11 スープラ12 スープラ13
スープラ14 スープラ15
次にベルトを外します。上段左画像は車両上側より見た画像になるのですが赤丸印部のオートテンショナーを緩めベルトを外します。上段中央画像の様にオートテンショナーの軸部の14mmのボルト部に工具を掛け矢印の方向へ工具を押しテンショナーを動かしベルトを外します。
コンプレッサーの低・高圧ホース接続部のボルト(10mm)2本(上段右画像)を緩めて取り外し、コンプレッサークラッチの作動用カプラー(下段画像)のカプラーロックを解除し抜き取ります。
スープラ16 スープラ17
スープラ18 スープラ19
スープラ20
上段画像のコンプレッサー固定ボルトフロント下側1本とフロント奥側上1本リヤ側下1本の固定ボルトを緩め中段画像のフロント上部ボルト1本とリヤ奥側上部のナット&ボルトを取り外しコンプレッサー本体をフリーにします。フリーにしましたら下段画像の様にスタビライザー後部よりステアリングラックブーツを傷付けない様注意しながら隙間を通してコンプレッサーを下ろします(少し外し難いです)。
スープラ21 スープラ22
スープラ23 スープラ24
取り外しましたコンプレッサーと取り寄せしましたコンプレッサーの比較画像を撮りました。画像を見て頂ければ分かると思いますが赤丸印部のサービスバルブ部の形状が違いますので部品を取り外し入替え作業を行います(お客様にはお見積もりの段階でご了承頂きました)。六角ボルト4本を緩めて取り外しパーツを洗浄し綺麗にし、リビルト側へ取付を行う際は専用オイルを塗布し組み付けを行います。右下画像の様に組みつけが完了致しましたので取り外しの逆手順で組み付けを行い、低・高圧ホースのOリングを新品に交換して組み付けを行います。
スープラ25 スープラ26 スープラ27
最後にレシーバードライヤーを外し新品に交換したらエアコンゲージマニホールドを接続し真空引きを行います。約20~30分程真空引きを行い各バルブを閉じエアコンサイクル内の機密が保たれているか確認を行います(しばらくこのままの状態で置き真空状態が保たれている事を確認します)。
問題ありませんでしたので高圧側からエアコンのガスを缶圧を利用し充填しバルブを閉じて一通りのガス漏れ点検を行います。問題は有りませんでしたので正規のガス量をエンジンを始動し低圧側から充填して行きます(高圧側は必ずバルブを閉めておきます)。
スープラ28 スープラ29
スープラ30
室内でエアコン操作パネル内のスイッチを作動させ各作動のチェックを行います(点検時にも確認はしています)。各操作も問題有りませんでしたので冷えのチェックを行います。ブロアモーターの風量を一番弱め、温度計をセンター噴き出し口に差し込みます、今回の車両ではMAXの冷え込みが噴き出し口温度で4.3度まで冷え込みました。クーリングユニット内のサーミスタセンサーの働きで凍りつきを防ぐ為、一旦コンプレッサーの作動をストップさせます。噴き出し口温度で6.5度の時点でサーミスタセンサーの働きで再度コンプレッサーがONし作動し始めました。各センサー系も正常に作動していましたので、エンジンを止め再度各ガス漏れチェックを行い、問題は有りませんでしたので各キズチェック・増し締めチェック・電気廻りのチェックを行い作業は終了致しました(^^)!!。
ここ最近は地方や大阪方面からのお客様も増えてきました(^^)。皆様遠い所からご来店頂き誠にありがとうございますm(_ _)m。これからも皆様に喜んで頂ける様頑張って行きたいと思いますのでこれからも「カーテックつかさ」応援宜しくお願い致します(^^)!!。
by まっちょ
 

スポンサーサイト



FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!