FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
いすゞ エルフルートバン
エルフ
今回の作業は業者様からのご依頼でいすゞ エルフルートバン250の車内から基板等の焼けた様な匂いがするとのご連絡が有りお車をお預かりして点検させて頂きました。
エルフ3 エルフ2
早速車内を点検してみました所助手席側グローブBOX下付近から基板等の焼けた匂いがしていましたので確認しました所グローブBOX下がフタになっているみたいで右側画像の矢印方向にフタが開くようになっていました。
エルフ4
開けてみますとより匂いがきつく感じ見ました所どうやらリレーが並んでいる辺りが一番怪しかったので一ヶ所づつリレーを取り外してみる事にしました。
エルフ5
画像に有ります青色リレーがやたらと硬く抜けてきません。リレーの左横にリレーをロックしている箇所が有るのですがロックを解除しながら引っ張っても全く抜けませんでしたのでL型の工具を使用しテコの原理でようやく取り外す事が出来ました。
エルフ6 エルフ7
外してみたらリレーソケットが焼けてただれていますもちろんリレー側も画像の通り焼けていました。画像は有りませんがリレーを分解してみました所コイルも接点も全てが一塊になって焼けていました・・・。
このリレーが何用のリレーなのか分かりませんので調べた結果チャージウォーニングランプリレーでした。充電装置のオルタネーターのL端子電圧によりメーター内のバッテリーマークのランプが正常ならエンジン始動後に消灯し異常が有れば点灯しっぱなし(異常が有っても消灯若しくはうっすら点灯している場合も有ります)になりこのリレーを介して制御しています。リレーが焼けてしまっていますのでオルタネーターのオーバーチャージの可能性が有りますのでチャージ電圧をテストしてみましたら11.7V位しか電圧が無く、すでにオーバーチャージし異常電圧により故障してしまったようです(オーバーチャージの場合は電圧制御が出来ずに定格以上の電圧になってしまいます)。オーバーチャージしL端子電圧が異常になりリレーが焼けオルタネーターのダイオードが故障してしまったようです。業者様に連絡を入れ症状と修理見積もりをし修理でと言う事で返事を頂きましたので部品の手配をしすぐに部品が入りましたので作業に掛かります。
ここで申し訳ございませんが作業が急ぎの作業でしたので画像を撮っていません・・・(^^;。
作業の内容ですがオルタネーターを取り外し分解修理でも良かったのですが急がれると言う事でしたのでリンク品に交換しチャージウォーニングランプリレーを新しいリレーと交換しオルタネーター電圧・バッテリー電圧・チャージ量を点検し各作動チェックを行い異常は無く正常に作動していましたので終了となりました。
お車をお預かりした時に業者様のお話しでエアコンの風も出ない・排気ブレーキも効かないのでそれも点検して欲しいと伺っていたのですが、配線図を取り寄せました所どうやらオルタネーターが正常に作動していないとこの様な症状になるみたいです。エキゾーストブレーキリレーとヒーター&エアコンリレーのコイル側がチャージリレーのスイッチ回路と繋がっていましたのでスイッチ回路が正常で無いと各リレーのコイルに信号が行かないので作動しないと言う事になっていました。
車によって色々な回路が有り知らない事がいっぱい有りますのでまだまだ勉強しなくては・・・と思いました(^^)!!。
by まっちょ
    
スポンサーサイト



FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!