FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
ポルシェ カイエン
カイエン1  カイエン2
今回の作業はポルシェのカイエンにパナソニック製のバックカメラの取り付けです。どこにバックカメラを取り付けするのかお客様と相談をしてナンバープレートの右上に決まりました。この車両はガーニッシュなどが無いのでその中にバックカメラを隠して取り付けすることが出来なかったです。(残念・・・・)
カイエン3  カイエン4  カイエン5
バックカメラのコードを通す為にまずリアゲートの内張りを外していきます。リアゲートのガラス部分を開けてガラス側からのパネルを取り外します(写真を撮り忘れてしまいました)。ガラス側からのパネルは上下1ヶ所ずつの2個あります。リアゲート側のパネルを上側から順番に取り外して内張りを全て取り外します。リアゲートのパネルは全て金属のピンで固定しているのですがこの金属ピンが物凄く硬くて取り外すのにかなり苦労しました。
カイエン6  カイエン7  カイエン8
左右にあるナンバー灯の右側を取り外してここからバックカメラのコードをリアゲート内に入れます。このままだとコードは挟まってしまうのでヤスリを使ってゲート側をコードが挟まらない様になるまで削ります。リアゲートにはキズが付かない様に養生テープを2重3重に貼っています。ナンバーが無くなっていますがナンバー変更のために取り外したので今回の作業とは全く関係ありません。バックカメラをナンバー灯の横に取り付けて削った所からコードをゲートの中に入れます。ナンバー灯の裏側で防水処理をして水漏れしないようにしています。
カイエン9  カイエン10
リアゲートの車両配線はゲートの右横のカバーの中を通っているのでこのカバーを取り外します。リアゲートの可動部分に車両配線が挟まらないようにしているカバーが外しにくいので注意して下さい。
カイエン11  カイエン12  カイエン13
リアゲート横のグロメットに切り込みを入れてバックカメラのコードを通します。コードを通した後はグロメットの表と裏の両方から防水処理をしています。バックカメラのコードは車両配線に結束バンドで固定をして室内側へと持っていきます。
カイエン14  カイエン15
室内側の天張り(最後部)を取り外してリアゲートからの配線が通っているグロメットに切り込みを入れます。この切れ込みから針金を通してこの針金にバックカメラのコードを取り付けて室内に引き込みます。グロメットの切れ込み部分は室内側から防水処理をします。バックカメラのコードは右側の内張りの中を通して下まで取り廻します。
カイエン16  カイエン17  カイエン18
カーゴルーム右横のカバーを取り外してバックカメラのコードをその奥まで持ってきます。バックカメラの電源ユニットはこの中に取り付けをしました。電源ユニットの電源配線(バック信号)は車両のバックランプ配線から取り出しました。今取り付けられているナビのバックとイルミもこの場所で取り出しをしていたので車両の前側では取り出せる配線が無いのかもしれないですね?電源ユニットからナビへの映像コードを車両の天張りの中を通して運転席側のAピラーまで持て行きます。Aピラーカバーを取り外してコードを隠してグローブボックス裏まで取り廻しをしていきます。
カイエン19  カイエン20
カイエン21  カイエン22
グローブボックス下のアンダーパネルを取り外してからブローブボックスの下側の固定ビスを取り外します。次にグローブボックスの上の木目調のパネルを取り外してその奥にある固定ビスを外します。ダシュ横のパネルを取り外して横からの固定ビスを外せばグローブボックスは手前に取り出せます。グローブボックスの裏側には配線カプラーやホースなどが接続されているのですが結構手前まで出てくるのでグローブボックスやダッシュにキズが付かない様に毛布などで保護をしてやればグローブボックスをずらすだけでも作業は出来ます。
取り外したグローブボックス裏に映像コードを通してナビ裏まで取り廻しをします。
カイエン23  カイエン24
ナビの廻りのシルバーの細いパネルを取り外してその奥のブラケット固定ビス4本を取り外します。ナビの廻りの黒いパネルはブラケットに固定されているのでナビと一緒についてきます。ナビのビデオ入力にバックカメラからの映像コードを接続をして元に戻します。
カイエン25  カイエン26
ナビの電源を立ち上げてビデオ入力の設定をバックカメラの入力設定に切り替えてバックカメラの作動確認をします。バックカメラの映像を見ながらバックカメラの角度を調整をしてベストの位置で固定をします。車両の電気関係の作動を全て点検してカプラーなどが外れていないか確認をします。車両や内張りにキズや汚れが無いか確認をして作業は終了です。
BY TANI


スポンサーサイト



FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!