FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
三菱 eKワゴン

eKワゴンエバ清掃作業 eKワゴンエバ清掃作業2
今回は業者様からのご依頼でエアコン吹き出し風量が弱いと言う事で点検を実施しましたところエバポレーターフィン部の詰まりによる風量不足と言う事でエバポレーター清掃作業を行いました。
eKワゴンエバ清掃作業4 eKワゴンエバ清掃作業5
eKワゴンエバ清掃作業6
まずはエバポレーター取り付け位置が助手席側ですのでグローブBOXを取り外します。ビス位置は上段2枚の画像の位置にありますので取り外してBOX本体を下段画像の手順で取り外します。
eKワゴンエバ清掃作業7 eKワゴンエバ清掃作業8
eKワゴンエバ清掃作業9
グローブBOXが外れますとエアコンケースとダッシュボードを固定しているプレートがありますので取り付けビスを2本外してプレートを外します。このプレートは再使用しませんので破棄します。次に内外気切り替えダンパー作動ワイヤーを取り外します。画像の親指位置に金属製のピンがありそのピン内のツメで固定されていますので引っ張り外します。この時取り付けされていました位置を覚えておきます。同じ位置に取り付けしなければダンパー本体の動きが悪くなったりしますので必ず同じ位置に取り付けするようにして下さい。
eKワゴンエバ清掃作業10 eKワゴンエバ清掃作業11
eKワゴンエバ清掃作業12
次にエバポレーターケース部表面部のパネルを切り落としてエバポレーター本体を見えるようにする為画像部分を切り落とします。グローブBOXは取り付け出来るの?と思われるかと思いますがここはあくまで補助的な役割でビス5本で取り付けされていますので大丈夫なのです。先程のプラスチックプレート同様切り落としました部分も再使用しませんので破棄します。
eKワゴンエバ清掃作業13 eKワゴンエバ清掃作業14
これでエバポレーターケースが見えますので表面のパネルをカッターナイフを使用し点線の溝部を切りパネルを外して行きます。先程のダッシュボードの一部もそうなのですが必ず切り取り部後側に配線や部品類が何も無い事を確認しながら切り取り作業を行って下さい。パネルが切り落とせましたらサーミスター(エバポレーターを通過する風の温度を検知しているセンサー)のコネクターを抜いておきます。
eKワゴンエバ清掃作業15 eKワゴンエバ清掃作業16
eKワゴンエバ清掃作業17 eKワゴンエバ清掃作業18
エバポレーターケースのカバーが外れますと左上画像のようにエバポレーター本体が見えます。画像の通り詰まりまくりでした。これでは風量が弱くて当然です(^^;。ベビードライバーなどを使用してゴミを除去して行きます。ここでの注意点はエバポレーターはアルミ製ですので力を入れて強くかき出しますとフィン部が変形したり最悪の場合エバポレーター本体に穴が開きガス漏れの原因になったりしますので地道になぞるように付着したゴミを除去して行きます。
eKワゴンエバ清掃作業19 eKワゴンエバ清掃作業20
eKワゴンエバ清掃作業3 eKワゴンエバ清掃作業21
後は取り寄せしておきました純正パネルをエバポレーターケースに取り付けしサーミスターのコネクターを接続して内外気切り替えダンパーワイヤーを取り付けされていた同じ位置に取り付けしてダンパーの作動チェックを行いグローブBOXを組み付けして作業終了です。エンジンを始動しエアコン風量を確認します。比較画像を載せてみましたが分かりにくいですね・・・(^^;。一応左下画像が清掃前で 右下画像が清掃後の画像になります。気持ち右側の方が勢いがある画像になっているとは思うのですが・・・。最後はいつものようにキズ&電気廻りチェックを行って作業終了です。

さてオリンピックも終わり寝不足から開放された方もおられるかと思いますが皆さんはどの競技が一番感動されましたか?競泳?柔道?レスリング?ソフトボール?フェンシング?陸上?色々ありすぎてどれと言うのはむずかしいですよね(^^)。僕はメダルを獲れた競技獲れなかった競技色々ありましたが選手の皆さん一生懸命頑張られていましたその姿に感動です!選手の皆さん本当にお疲れさまでした!!(^^)。
by KIN

   

   

スポンサーサイト



FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!