FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
トヨタ カローラ
カローラ カローラ1 カローラ2
今回の作業はトヨタのカローラのエアコン点検作業及び修理作業です。お客様が当社ホームページ&ブログ(作業日誌)で当社がエアコン修理作業をしている事を知り、お問い合わせフォームよりメールを頂きエアコン点検作業でご入庫頂きました。とりあえずはエアコン用マニホールドゲージを接続しエアコンの圧力状態やサイクルの点検・ガス漏れチェックをさせて頂きました所、ゲージを接続しエンジンを始動してエアコンスイッチをONにしたら低圧側のゲージが一気にマイナス側(負圧状態)にふりました。ガスはしっかり入っていましたので冷媒不足によるマイナス側への引き込みでは無いのがすぐにわかりましたので何処で詰まり症状が起こっているのかをチェックしていきます。画像が無くて申し訳ございませんがレシーバードライヤー(リキットタンク)を触診しますと通常圧力がかかり正常な状態でしたら少し熱いか結構アチチ状態のどちらかですが、今回は体感的には「ぬるま湯よりもぬるい位」の温度でした。まずはここでの詰まり症状は間違い無いですね。しかし室内側クーリングユニット内のエキスパンションバルブも同時に交換しておかないとまた詰まりの症状がすぐに発生する恐れがありますので交換見積もりをさせて頂きました。
午前中に点検でご入庫頂きお見積もりをさせて頂き部品の納期を確認しました所在庫がございましたので一度お車をお返しし午後から修理作業でご入庫して頂く事になりました。
カローラ3
お昼過ぎに再度お車を入庫して頂きまして、早速修理作業に取り掛かります。
カローラ4 カローラ5 カローラ6
今回交換致します、レシーバードライヤーは左側画像の筒状のタンクです。真ん中の画像はエンジンルーム内のエアコン配管が室内側のクーリングユニットケースより出ています配管とが接続されている状態で、ここの部分を切り離し室内側クーリングユニットケースを固定しているボルト関係を外せばユニットケースが取り外せます。詳細は今から説明させて頂きます。右側画像は今回新品に交換するレシーバードライヤーとエキスパンションバルブです。
カローラ7 カローラ8カローラ9
カローラ10 カローラ11
では室内作業を始めます。クーリングユニットは助手席グローブBOXを取り外さないと見えませんので外すのですがこの車両はまず、サイドステップカバーを取り外しますと上段画像右側の 丸印位置の固定ボルトが見えますので取り外し下段左側画像の固定ビスも取り外します。そうしましたらゴッソリグローブBOXが外れてきますのでキズなどが付かない様に外し保管します。グローブBOXが外れた所裏側にエアコンクーリングユニットケースが見えましたので取り外しにかかります。
カローラ12 カローラ13
カローラ14 カローラ15 カローラ16
ケースの上部固定位置にエアコンアンプが共締めされていますので10mmのナット2個を取り外しアンプの配線カプラーを取り外しますと上段右側画像の様になります。エンジンルーム内の配管ジョイント部のネジ部をスパナ2本を使用し配管に負担が掛からないように緩め取り外し、室内作業に戻りケースサイド部・下部にもそれぞれビス止めされていますのではずしていきます。
カローラ17
クーリングユニットケース自体を固定している物が無くなりフリーになりましたので手前に少しずつ引っ張りながらユニットケースを取り外しますと画像の様な状態になります。
カローラ18 カローラ19
カローラ20 カローラ21
カローラ22
ケース内に有りますエキスパンションバルブを交換するにはケースを分解しないと交換できませんのでケースの固定ビスと接続ピンを取り外し上段右側画像の様にケースを分解しエバポレーターを取り外します。中段左側画像を見て頂きますとエバポレーターのフィン部にはかなりのゴミが付着していましてこのままだとエアコン吹き出し口から出てくる風量不足や冷え不良最悪の場合は付着物の水分が氷付きエアコンがまったく効かない状態にもなりますのでとりあえずエバポレーターからエキスパンションバルブとチューブパイプを取り外しエバポレーターの付着物を取除き掃除をし、新しいパーツを組み付けしケースに組みつけをしていきます。もちろん接続部の各Oリング(ゴムパッキン)は新品に交換しています。
ケースに組みつけが終了しましたら取り外し時の逆手順で組みつけを行います。
最後にレシーバードライヤーを交換するのですが時間的な余裕が余り有りませんでしたのでここからの画像が有りません・・・(^^;。各部の交換作業が終了しましたので真空ポンプを使用しエアコン配管内を真空状態にし、配管内の水分等を取除き一定時間真空引きをしたら各バルブを閉じ気密を点検しOKでしたのでガスの充填作業に入ります。カローラの基準充填量分ガスを充填し圧力と冷えとガス漏れ点検を致します。問題なく良い状態になり再度各部のチェックを行い作業は終了となりました。
途中からの画像が無くなりスイマセンでした・・・。しかし、毎日本当に暑いですよね~(^^;。夏なので当たり前ですが・・・さすがに車に乗る時にエアコンが効かなかったらちょっと辛いですよね。お子様のいらっしゃるご家族の方やマイカーをお持ちの学生さんや仕事でお車を使用されていらっしゃる皆様、肝心な時にエアコンが効かなかったり等トラブルに合わない為にも気になる症状等が有れば早めの点検をお勧めしますよ~(^^)!!
今回点検・修理で起こし下さいましたオーナー様有難うございました(^^)!!。ブログに載せさせて頂くお約束でしたが遅くなってしまいまして申し訳ございません(^^;。ようやく画像編集が完了しましたので今回のブログで使わせて頂きました(^^)。また、何か気になる点、パーツ類のお取付け等ございましたらお気軽にご相談下さい(^^)。
by まっちょ

     

 
      
       
 
スポンサーサイト



FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!