FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ekワゴン ETC取り付け

ekワゴンETC1 ekワゴンETC2
今回の作業は業者様の依頼で三菱のekワゴンに三菱重工業製のETC車載器(MOBE-400)の出張取り付けです。
ekワゴンETC3 ekワゴンETC4
ETC車載器の取り付け場所をお客様と相談をしてハンドルの右横に取り付けをする事に決まりました。ハンドル下のパネルはパネル下の左右にビスが1本ずつ止まっていて、後はプラスチックピンでダッシュに固定されています。ビスを外して手前に引っ張り出せば簡単に外れます。
ekワゴンETC5 ekワゴンETC6 ekワゴンETC7
いつもならハンドルコラムカバーを取り外してキーシリンダーカプラーの所で電源を取り出していますが、このekワゴンの場合はキーシリンダーからの配線が先程取り外したパネルの奥にあるヒュ-ズボックスの横に来ています。今回取り付けをするETC車載器の電源はACC(アクセサリー)電源だけなので検電器テスターを使って車両のACC電源の配線を探します。この車両の場合は青色配線がACCでこの配線にETCの電源配線を接続します。
ekワゴンETC8
ETCのアンテナを取り付ける為に運転席側のAピラーカバーを取り外します。上の方から順番にピンを外していき取り外します。
ekワゴンETC9 ekワゴンETC10
ETCのアンテナに付属の両面テープを貼り付けます。真ん中に穴が開いているのは製造番号が分かるようにしている為です。
ekワゴンETC11 ekワゴンETC12 ekワゴンETC13
ETCのアンテナをダッシュに貼り付けてコードをダッシュとフロントガラスの間にオーナメントリムーバーを使って隠していきます。外したAピラーカバーのところからアンテナコードを下に通していきます。車両前方が通し易いです。
ekワゴンETC14 ekワゴンETC15 ekワゴンETC16
ETCの電源配線を取り出したのでアースを取ります。ステップカバーのビスを3本取り外してステップカバーをはずします。キックパネルのピンを2ヶ所外してキックパネルを取り外すとその奥に車両の集中アースポイントがあります。フロアマットをめくると見えるのでこのボルト(10㎜)に共締めをしてアースを取ります。
ekワゴンETC17 ekワゴンETC18
ETC車載器は最初に取り外したパネルに取り付けます。このままでは配線が通らないのでこのパネルに穴を開けます。
ekワゴンETC19 ekワゴンETC20
パネルの後ろのクッション材をめくって10㎜の穴を開けます。この三菱重工業の電源カプラーは他社の電源カプラーより小さいので大きな穴を開けなくて済みます。
ekワゴンETC21 ekワゴンETC22
開けた穴にETCの電源配線とアンテナコードを通してパネルを取り付けます。
ekワゴンETC23 ekワゴンETC24 ekワゴンETC25
ETC車載器の溝に付属の取り付けブラケットをスライドさせて入れます。ブラケットはETC車載器の後ろに付属の小さなビスで固定をします。
ekワゴンETC26
ETC車載器を取り付けるところをパーツクリーナーでしっかりと脱脂をします。ETC車載器に電源配線とアンテナコードを接続をしてパネルに取り付けます。ETC車載器を取り付けてしまうと先程開けた穴は全く見えなくなります。作動確認をしてキズや汚れが無いかチェックをして作業は終了です。
BY TANI

スポンサーサイト
FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!
ダッジラム

ダッジ色々取り付け
今回はダッジラム作業の途中経過ブログです。ナビ等の大きな部品はすぐに揃うのですが細かい部品がなかなか揃わずちょっと進んでは止まり資料を探すのに止まりと時間が掛かってしまっています(^^;。持ち主の方も「ゆっくりで良いのでバチッと仕上げて下さい!!(^^)」との事。お言葉に甘える訳ではないのですがボチボチ進行しております。
ダッジスピーカー取り付け ダッジスピーカー取り付け2
ダッジスピーカー取り付け3 ダッジスピーカー取り付け4 ダッジスピーカー取り付け5
さて今回はスピーカー交換作業でまずはリヤスピーカーから交換して行きます。このダッジのドアパネルは右上画像の位置にトルクス(菊型)ボルト&ビスが留まっています。トルクス(菊型)ボルトはドアオープナーレバーを持ち上げれば見えますので工具が入る位置で止めて緩めます。ドアオープナーレバーが外れましたらプラスビスを外します。ビス類はこの2本だけで後はドアパネル本体を上にズラせば下段中央&右画像のようにツメと溝で固定出来るようになっています。アメ車などに多いのですが手前にパネルを引っ張っても外れにくい場合一度上方向に押し上げてみて下さい。
ダッジスピーカー取り付け6 ダッジスピーカー取り付け8
ダッジスピーカー取り付け7 ダッジスピーカー取り付け9
純正スピーカーを外してスピーカーの奥行き確認を行います。純正タイプより今回のスピーカーの方が長かった(右上画像矢印)為左下画像のスペーサーを加工してスピーカー本体に貼り付けしてカサを出します。何故そのまま取り付け出来ないかと言いますとガラスを上下させるレギュレーターと言う部品に当ってしまいガラスが上下しなくなってしまいますのでスピーカー本体を手前に浮かせてスペースを作ります。スピーカーの加工作業が終わりましたら純正スピーカー用コネクターでは接続出来ませんので付属のスピーカー配線を純正スピーカー線に接続します。
ダッジスピーカー取り付け10 ダッジスピーカー取り付け11
ダッジスピーカー取り付け12
スピーカー取り付け時ドアパネルとスピーカー間に隙間が出来ますと音モレしてしまいます。この隙間を埋める為左上画像のような硬めのスポンジをホームセンターで入手して右上画像のように両面テープを使用して貼り付けします。スペーサー廻りは商品の中に同梱されているスポンジテープを貼り付けします。スピーカーをドア側に取り付けして隙間が出来ないよう取り付けビスを締め付けて行きます。これでリヤスピーカーの取り付けは終了です。
ダッジスピーカー取り付け13 ダッジスピーカー取り付け14 ダッジスピーカー取り付け15
次にフロントスピーカーの取り付け作業なのですがドアミラーに後付けウインカーを取り付けして欲しいと言うご依頼がありましたのでその配線作業を行っておきます。フロントウインカーの各配線を取り出してフロントフェンダー内に配線を通しドアとボディ間にあります配線チューブに切り込みを入れてドア内に引き込みます。
ダッジスピーカー取り付け16 ダッジスピーカー取り付け17
ダッジスピーカー取り付け18
フロントドアパネルの取り外しもリヤドアと同じくトルクスボルト&ビスなのですがドアミラー取り付け部のカバー部に1本、パネル下2本合計5本で留まっています。パネル本体はリヤと同じく上へスライドさせて外します。ドア内にウインカー用配線を引き込みレギュレーターの作動に支障のない位置に這わせドアミラー取り付け位置まで持って行きます。フロントスピーカーは純正タイプと大きさが同じでしたのでスピーカー裏面にスポンジテープを貼り付けビビリが出ないよう処理して固定します。
ダッジスピーカー取り付け19 ダッジスピーカー取り付け20 
ダッジスピーカー取り付け21 ダッジスピーカー取り付け22
サイドミラー本体にマスキングテープを貼り付けしおおまかな位置を決めて後付けウインカーの型を合わせてなぞり寸法を決めて左右対称になるよう取り付け位置を決めます。位置が決まれば配線通し用の穴を開けます。今回の後付けウインカーは強力な両面テープが同梱されていますので脱脂作業をキッチリ行い貼り付けします。ミラー本体をドアに組み付けしてドア内に通しておきました配線と接続して各ドアパネルを組み付けします。
ダッジスピーカー取り付け23 ダッジスピーカー取り付け24
スピーカーのテストはナビ本体の取り付け作業後に行いますので今回はドアウインカーの作動確認のみ行いウインカーが点灯する事を確認してこの作業は終了です。まだまだ作業は沢山ありますので僕のブログはダッジラムが続きます。今回はこれで終了させて頂きます。更新が遅くなってしまいましたが次回もお付き合い下さい(^^;。
by KIN

FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。