FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
ファミリアSワゴン エアコン修理
ファミリアSワゴンエアコン1
今回の作業はファミリアSワゴンのエアコン修理です。業者様からの依頼で前日にエアコンが冷えないので点検をしました。原因はガス漏れでコンデンサーとクーリングユニットの中からガス漏れの反応があり、特にコンデンサーからのガス漏れがひどいです。部品は業者様が用意をして交換作業にかかります。
ファミリアSワゴンエアコン2
クーリングユニットはグローブボックスの奥に設置されています。エンジンルーム側でクーリングユニットに接続されている高・低圧のパイプを取り外します。
ファミリアSワゴンエアコン3
クーリングユニットを取り出す時にこのバーが当たってしまってクーリングユニットが取り出せないのでのこぎり等で1ヶ所切断しておきます。作業の終了後、この切断した所に金属板のステーをビスで固定して補強します。
ファミリアSワゴンエアコン4 ファミリアSワゴンエアコン5
クーリングユニットに接続しているコネクターはヒーターレジスターとエバポレーター温度センサーの2ヶ所でこれらのコネクターを取り外します。クーリングユニットの固定は10㎜のナットで上下1ヶ所ずつです。このナットを取り外してクーリングユニットを取り出します。
ファミリアSワゴンエアコン6
この時にクーリングユニットに接続していた高・低圧のパイプのOリングを交換しておきます。クーリングユニットを取り付けた後だとスペースが無くなって交換しにくいからです。
ファミリアSワゴンエアコン7
いつもだとクーリングユニットを分解してエバポレーターとEXPバルブを取り出して新しい部品を組み付けていくのですが、今回はクーリングユニット全部が用意されていたのでこのまま取り付けるだけです。
ファミリアSワゴンエアコン8 ファミリアSワゴンエアコン9
コンデンサーを取り外すのでバンパーを外していきます。タイヤハウスカバーとバンパーを固定しているプラスチックピンを3ヶ所取り外します。タイヤハウスカバーをめくってバンパー固定ビスを外します。下回りのバンパーの固定ボルト2本とビス6本を取り外しておきます。
ファミリアSワゴンエアコン10 ファミリアSワゴンエアコン11 ファミリアSワゴンエアコン12
タイヤハウスと下回りが外れたので上側の固定を外します。ウィンカーレンズを左右取り外してその下にあるバンパーを固定しているピンを取り外します。この車両はコーナーポールが付いているので左側はコーナーポールの固定ボルトと一緒に止まっていました。グリルのビス2本とピン2ヶ所を外せばバンパーが外れます。
ファミリアSワゴンエアコン14 ファミリアSワゴンエアコン15
コンデンサーはラジエーターを後方にずらしてその隙間から上へ取り出します。ラジエーターの上にあるダクトを取り外してラジエーター固定ブラケットを取り外します。
ファミリアSワゴンエアコン16 ファミリアSワゴンエアコン13
コンデンサーに接続されているコンプレッサーからのホースを取り外し、コンデンサーの固定ナットをはずしておきます。コンデンサーからのもう片方のパイプはレシーバーに接続されています。
ファミリアSワゴンエアコン17 ファミリアSワゴンエアコン19
レシーバーはエアクリーナーのケースなどで見えないのでこれらを外していきます。コンデンサーのパイプとレシーバーの接続を外してラジエーターを後方にずらしてスペースを作ってからコンデンサーを上に持ち上げて取り出します。
ファミリアSワゴンエアコン18
外したコンデンサーの左下のあたりはオイルがにじんでひどい状態です。新しいコンデンサーを取り付けて外した配管を接続します。この時にOリングは新しいものにちゃんと交換しています。
ファミリアSワゴンエアコン20
配管がつながったので真空引きを始めます。この間にバンパーや外していたダクトやエアークリーナーのケースを取り付けます。ガスを規定量充填をしてもう一度ガス漏れの点検をして作業は終了です。
BY TANI
スポンサーサイト



FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!