FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スバル レガシィツーリングワゴン

レガシィ レガシィ2
レガシィ3
今回は業者様からのご依頼でレガシィツーリングワゴンに日本電機サービス社製セキュリティー「VORTEX 5200-J」を当社でご用意させて頂き取り付け作業を行いました。後から出て来ますが「VORTEX ELロゴ」は業者様がご用意して下さいましたので「ELロゴ」はお持込み部品になります。さて今回はセキュリティーの取り付け作業ですので取り付け位置や配線の取り出し・引き廻し位置など詳しく書く事が出来ませんがパネル類の取り外しを載せておきますので何かの作業時のお役に立てれば幸いです。
レガシィ4 レガシィ5 レガシィ6
まずセキュリティーの送受信アンテナをルームミラー位置に取り付けしアンテナ線を運転席側Aピラーに這わせて行きますのでAピラーカバーを外します。今回のレガシィはウェザーストリップは外さずウェザーストリップとAピラーカバーの隙間にオーナメントリムーバーツール等を差し込みAピラーカバーを少し浮かせてその隙間に指を入れてカバーを引っ張って外します。カバー取り付けピンは右画像のようにプラスチックピン2ヶ所で留まっています。
レガシィ7 レガシィ8 
レガシィ9 レガシィ10
次にハンドルコラムカバー下ロアパネルを外しますのでまずダッシュボードサイドカバーを外します。ロアパネル部に養生テープを貼りキズが入らないよう準備しオーナメントリムーバーツール等をカバーとロアパネルの隙間に差し込んで浮かせます。カバーが浮きましたら引っ張れば外れるのですが右下画像内に記載しています黄色のプラスチックピンが車両側に残ってしまう場合が有ります。ピンが車両側に残ってしまいましたらピンを落とさないよう注意しながら外してカバー側に組み付けて下さい。
レガシィ11 レガシィ12
レガシィ13 レガシィ14
レガシィ15
サイドカバーが外れましたらロアパネル下に取り付けされていますカバーを外します。パネルの取り付けは2段目右画像のプラスチックピン2種類で取り付けされていますので外します。カバーが上段右上画像のように外れましたらテスター接続用コネクターが見えますのでコネクター両サイドのツメを押してパネルから外します。パネルが外れましたらボンネットオープナーレバーを引いた位置にロアパネル取り付けボルトが見えますので少しワイヤーが邪魔になりますが工具の角度を変えながら外します。
レガシィ16 レガシィ17 
レガシィ18 レガシィ19
次にオーディオパネル横に取り付けされています化粧パネルを外します。ここもキズ防止の為養生テープを貼り付けしオーナメントリムーバーツール等を使用してパネルを浮かせて外します。化粧パネルも右下画像のようにプラスチックピン3ヶ所で留まっています。
レガシィ20 レガシィ21
レガシィ22 レガシィ23
以上のパネル&カバー類が外れましたらロアパネルを引っ張り出し(左上画像)ミラースイッチ等の電源コネクターを外してパネル本体を外します。パネルの固定もプラスチックピンですのでピン位置は画像を参照して下さい。
レガシィ24 レガシィ25
次にハンドルコラムカバーロア側に作動確認用LEDを取り付けしますので取り付けビスを外してカバーを外します。
レガシィ26 レガシィ27
レガシィ28 レガシィ29 レガシィ30
レガシィ31 レガシィ32 レガシィ33
レガシィ34 レガシィ35
今回は一部(支障のない範囲で)の取り出しを紹介させて頂きます。セキュリティのON・OFF連動で作動させますドアのロック&アンロックの信号取り出しの工程が今回のレガシィの場合少し特殊なのでご紹介させて頂きます。まず運転席側ドアの内張りを取り外す為インサイドドアハンドル内に有りますパネルを取り外します。パネルが外れましたら2段目左画像のようにドア内張りを固定していますビスが有りますので取り外し次にドア開閉用バーの前面部がカバーになっていますので手前に引っ張り取り外します(金属ピンで固定されていますのでかなり硬く取り外し難いですがキズなど付かないよう注意して下さい)。カバーが外れますと画像のように上下2ヶ所に固定ビスが有りますので取り外し、ドアミラー裏に有りますカバーを手前に引っ張り取り外します。この車両は各パネルを取り外すのと固定ビス3ヶ所を取り外しましたらドア内張りを手前に引っ張り取り外す事が出来ます。
今回画像は有りませんが・・・(^^; 下段右画像に有りますスピーカーを取り外しドアロック&アンロック用信号線をドア内車両ハーネスと同じグロメットを使用し室内側へ引き込みます。
レガシィ36 レガシィ37 レガシィ38
レガシィ39 レガシィ40 レガシィ41
先程書きましたが今回の車両は本来セキュリティとの連動でドアロック&アンロック信号の取り出しを行なう場合結線方法が特殊な方式での取り出し(ソレノイドリレー2個を使用して2ヶ所同時に信号を送り込む方式)になるのですがセキュリティーメーカー様に他の結線による取り出し事例をお伺いしましたところスイッチ裏の基板部よりマイナスコントロール方式で取り出し出来る事を確認しましたので取り外しましたドアの内張り裏側よりパワーウィンドー&ドアロックスイッチを取り外し裏側乳白色のカバーのみを取り外し(他の場所は分解しないようにして下さい!!スイッチ等がバラバラになる恐れが有ります)車両ハーネスへ接続し下段中央画像の印部に有ります基板部端子でテストを行い各ドアの作動を確認し問題なく作動致しましたので配線リードをハンダ付けし下段右画像のようにパネルに穴あけ加工を施し配線を通します。今回ご紹介出来ますのはここまでになってしまいますがこの作業は専門知識のある方のみの作業でお願い致します。誤った取り付けをしますとスイッチ本体の破損等や他の危険性がございますのでご注意下さい。
レガシィ42 レガシィ43
各信号取り出し作業が終りましたら「VORTEX ELロゴ」を画像位置に貼り付けしますので脱脂作業を行いロゴプレートを貼り付けします。
レガシィ44 レガシィ45
レガシィ46 レガシィ47
次にコラムカバー(ロア側)に作動確認用LEDを取り付けします。今回はコラムカバー側面部に貼り付けされていますステッカー(ウインカー等)から約6mmの位置に穴を開けました。なぜこの位置なのかと言いますとシフトアップ用パドルレバーが装備されている車両でパドルレバーの部品にLEDが干渉しない位置を探しました結果この位置が丁度良かったのでこの位置にしました。LED取り付け位置が決まりましたら目打ちを行いLEDの直径は8mm有るのですが僕の場合直径7・5mmと少し小さ目の穴を開けLEDが抜け難くしています。LEDをコラムカバーに差し込む際少し硬いと思いますので僕と同じ方法で作業される場合ケガをしないよう注意して下さい。
レガシィ48 レガシィ49
各信号・作動・アンテナ線をセキュリティーユニット本体に接続し取り外しを行いましたパネル&カバー類を組み付けし感度調整を行い作動テストを行います。作動等に問題が有りませんでしたので後はいつものようにキズ&電気廻りチェックを行い作業終了です。
セキュリティー作業時のブログはどう書いて良いのかいつも悩みます(^^;。取り付け位置などが分かってしまいますとセキュリティーの意味が無くなりますしかと言って僕達の業務内容も知って頂きたいですし複雑な感じです(^^;。ですのでいつものようにパネル等の取り外し方法、お見せ出来る範囲になってしますが今回のような少し特殊な取り出し方法が必要な場合はそのご紹介などを中心にこれからのセキュリティーブログにして行こうかと思っております。物足りない感じも有るかと思いますがどうかご了承下さい(^^;。
最後に只今ちまたではインフルエンザが大流行中なようで当社(当社は全然大丈夫なのですが・・・)のお隣の部品屋さんもかなりの方が罹られているようです。明日はお休みです沢山の人が集まる場所にお出かけの皆さん帰宅後のうがい・手洗いお忘れなく!!(^^)。
by KIN
   

FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!
ホンダ オデッセイ
オデッセイ
今回の作業は業者様からのご依頼でホンダ オデッセイ(RB1)にカーセキュリティの取り付け作業です。最初の作業ご依頼内容は業者様がカーセキュリティをお取り付けされていたのですがドアロック&アンロックの信号取り出しが分からないのでそこだけ手伝って欲しいと言う内容で出張作業に行ってきました。
現地で確認した所とりあえず作動は出来る状態になっていましたがドアロック&アンロック配線が取れていない状態でしたので作業開始です。このオデッセイのドアロック&アンロック配線は特別ややこしい事は無いのですが少し特殊な結線方法になっております。車両側の配線をテスター等で確認をし取り出し引き廻しコード等はOK。結線し作動テスト・・・。あれ・・・作動しない(^^;・・・。車両側の取り出し位置は問題無いのは確認しましたのでセキュリティ側の点検をしましたが、説明書は英文の為意味分からず・・・(^^;。結局、車を預かり再度点検するか別のセキュリティを取り付けするか?と言う事で引き取ってきました。
オデッセイ1 オデッセイ2
取り付けされていたセキュリティのメーカーはPLCと言うメーカーでした。とりあえず車両より一旦セキュリティを取り外ししてセキュリティ側のラインを調べて行きます。結果作動線・出力線・入力線がどのラインか分かりましたので取り付けを再開します。セキュリティですので施工状態や結線等は登載出来ませんので申し訳ございませんがご了承下さい(^^)。上記画像右側はメインハーネスが車両側に付いていますので画像上ではハーネスが無い状態になります。
オデッセイ3
このリモコンはフタがスライド式になっており中々デザインも凝ったいい感じのリモコンでした。
オデッセイ4 オデッセイ5
付属のスキャナーです。左画像はセキュリティがOFFの時、右画像はセキュリティがONの時の状態になります。結線も無事終了し各作動テストをします。ドアロック&アンロックも正常に作動しセキュリティのON・OFFもOK!!衝撃センサーの感度調整もいい感じに調整出来ましたので各パーツの組み付けをしキズチェック・各電気廻りのチェックをし作業は終了です。
皆さん知っていましたか?普通乗用車は2006年7月1日以降の初年度登録車両はカーセキュリティも「カーセキュリティの保安基準」という制度が出来まして保安基準に適合した盗難発生警報装置でないと車検に通らなくなっております。軽自動車は2008年7月1日以降だったかな?道路運送車両法の新保安基準が運用開始されたことにより全国自動車用品工業会(JAAMA)が認定試験機関にて合格した登録製品に「VAS登録マーク」の付いた登録証が発行され製品に同梱されています。詳しい事は全国自動車用品工業会のホームページで確認が出来ますので興味のある方これから取り付けをご検討されている方は参考にしてみて下さい(^^)。
今回作業させて頂いたお車は保安基準外の登録年月日車両でした(^^)。
by まっちょ

      
FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!
マツダ ビアンテ
ビアンテセキュリティー取り付け ビアンテセキュリティー取り付け2
ビアンテセキュリティー取り付け3
今回は業者様からのご依頼で新古車のビアンテに日本電機サービス社製セキュリティー「MIRUNO smart」・「威嚇用スキャナー」・お客様が以前お乗りだったお車から取り外していましたETC(パナソニック製)の取り付け作業です。当社初のビアンテですセキュリティー作業ですのであまり詳しく載せる事が出来ませんが出来る限りの範囲で取り外し方法の画像を撮ったつもりですこれから何かのお取り付けをお考えの方、参考になれば幸いです(^^)。
ビアンテセキュリティー取り付け4 ビアンテセキュリティー取り付け5 
ビアンテセキュリティー取り付け6 ビアンテセキュリティー取り付け7
まずETCアンテナの貼り付けと威嚇用スキャナーを取り付けする為運転席側のAピラーカバーを外します。Aピラーカバーの取り付け方法は現行モデルのデミオ・アテンザと同タイプですのでそちらのブログに詳しく載せていますので参照して下さい。特殊な取り外し方法では無いのでAピラー上部のプラスチック製のベルトが外れれば天張りにAピラーが当たらないよう注意して抜き取ります。
ビアンテセキュリティー取り付け8 ビアンテセキュリティー取り付け9
ビアンテセキュリティー取り付け10 ビアンテセキュリティー取り付け11 ビアンテセキュリティー取り付け12
次にヒューズBOXカバーを画像の手順で外してハンドルコラムカバー下ロアパネルを外す準備をしておきます。ヒューズBOXカバーが外れましたらキッキングカバー&プレートを外して行きます。キッキングプレートは右下画像の位置にプラスチックピンで留まっていますので引っ張り上げる感じで外します。僕の場合キッキングプレート全部から浮かせて順番に外して行っています。
ビアンテセキュリティー取り付け13 ビアンテセキュリティー取り付け14
ビアンテセキュリティー取り付け15 ビアンテセキュリティー取り付け16 ビアンテセキュリティー取り付け17
キッキングプレートを外しますと次にカバーですがここが少し特殊でグロメットを外すのはいつも通り外します。フューエルオープナーレバーを右上画像のように引き出して裏面にツメがありますのでベビードライバー(マイナス)などを使用してツメを浮かせレバー本体を引き抜いて取り外します(左下画像)。これでカバーを手前に引き出す感じで取り外します。カバーのピン位置は右下画像を参照して下さい。
ビアンテセキュリティー取り付け18 ビアンテセキュリティー取り付け19 ビアンテセキュリティー取り付け20
ビアンテセキュリティー取り付け21 ビアンテセキュリティー取り付け22
キッキングカバーが外れましたらハンドルコラムカバー下ロアパネルを外して行きます。ボンネットオープナーレバーを左上画像のようにセンター部分のツメ部を起こしてロックを解除してレバー本体を引き抜きます。ボンネットオープナーレバーが外れますとビスが1本見えますので外します。画像が前後してしまいますが右下画像のようにロアパネルを引っ張り出しましたところセンターコンソールが上から重なる感じで取り付けされていまして一緒に出て来そうでしたので一旦ロアパネルを戻してセンターコンソールサイドのパネルを外します。 
ビアンテセキュリティー取り付け23 ビアンテセキュリティー取り付け24 ビアンテセキュリティー取り付け25
ビアンテセキュリティー取り付け26 ビアンテセキュリティー取り付け27
センターコンソールサイドパネルを外しましたら左上画像のようにプラスチックピンが左右に取り付けされていますので外します。これでセンターコンソールを引き出せばロアパネルが外れます。センターコンソールが重なっている部分とピン位置は下段画像2枚を参照して下さい。
ビアンテセキュリティー取り付け28 ビアンテセキュリティー取り付け30 
ビアンテセキュリティー取り付け29
センターコンソールのツメは&ピンは上段2枚の画像を参照して下さい。下段の画像はセンターコンソールを引き出した画像なのですがセンターコンソール上部がオーディオフェイスパネル下部にツメで固定されていますのでキズなど入らないよう注意して外して下さい。
ビアンテセキュリティー取り付け31 ビアンテセキュリティー取り付け32
ビアンテセキュリティー取り付け33
次にハンドルコラムカバーを外します。コラムカバーはビス3本で留まっていますのでビスを外し右上画像のキーシリンダーカバーをツマミを押しながら外します。後はコラムカバーロア側を引っ張って外します。
ビアンテセキュリティー取り付け34 ビアンテセキュリティー取り付け35
ビアンテセキュリティー取り付け36 ビアンテセキュリティー取り付け37
運転席側の取り外し作業が終りましたら助手席側グローブBOXを外します。まず右上画像のようにグローブBOXアンダーカバーのツメを押して下方向に外します。次にグローブBOX本体を引っ張り外します。ツメ&ピン位置は左下画像を参照して下さい。ロアパネル関係が外れますと右下画像のようになります。
ビアンテセキュリティー取り付け39 ビアンテセキュリティー取り付け40 
ビアンテセキュリティー取り付け38
セキュリティー取り付け作業を行い威嚇用スキャナー&ETCアンテナを取り付けして運転席側Aピラーカバーを取り付けします。
ビアンテセキュリティー取り付け41 ビアンテセキュリティー取り付け42
次にETCの電源取り出し作業を行います。いつものように電源供給を確実に行う為キーシリンダー部から取り出しします。常時電源線は白/緑線でセキュリティーの電源供給もこの配線から取り出ししてあります。ACC(アクセサリー)電源線は白/赤線から取り出しを行いました。いつも書いていますがあくまで参考データーです必ず確認を行って下さい。アースポイントは運転席キッキングカバーを外しましたボディー横側の車両アースポイントと共締めしました。
ビアンテセキュリティー取り付け43 ビアンテセキュリティー取り付け44 ビアンテセキュリティー取り付け45
ETC本体の取り付け位置は「お任せで!!」と言う事でしたので目立たない位置に取り付けと思い小物入れを穴開け加工を施し取り付けしました。ビアンテでETC取り付けをご検討中の方この位置はいかがでしょうか?(^^)。
ビアンテセキュリティー取り付け46 ビアンテセキュリティー取り付け47 ビアンテセキュリティー取り付け48
最後にセキュリティー作動確認用LED取り付けの為コラムカバー(アッパー側)に穴を開けてLEDを取り付けて感度調整をしっかり行い作動確認を行って各パネル類を組み付けしキズ&電機廻りチェックを行い作業終了です。今回のブログいかがでしたでしょうか?冒頭にも書きましたがセキュリティーの部品が映ってしまいますと意味が無くなりますので突っ込んだところまでは載せる事が出来ませんでしたが参考になりますでしょうか・・・?(^^;。
by KIN
      


  
              
FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!
BMW 330i(E46)
BMW330iセキュリティー取り付け BMW330iセキュリティー取り付け2
BMW330iセキュリティー取り付け3 BMW330iセキュリティー取り付け4
今回は以前(5/31)の作業ブログでパイオニア製ナビの取り付けを行いました330iに当社お薦めカーセキュリティー日本電機サービス社製VORTEX(5200-J)の取り付け作業ブログになります。毎度の事ながらカーセキュリティー取り付け作業ですので細かく書く事が出来ませんご了承下さい。各パネル取り外し方法は前回のブログを参照して下さい。今回お客様がお選びになられましたキャンペーン対象商品(今月末まで)は「VORTEX」ELロゴプレートです。このプレートはいつものスキャナータイプとは違い文字盤が光って威嚇します。
BMW330iセキュリティー取り付け5
作業中の画像ですが色々な配線を各信号線と接続しハンダ&絶縁処理を行って行きます。
BMW330iセキュリティー取り付け6 BMW330iセキュリティー取り付け7 BMW330iセキュリティー取り付け8
BMW330iセキュリティー取り付け9
次にハンドルコラムカバー(ロア)に直径8mmの穴を開けて作動確認用LEDを取り付けします。下の画像が組み付け後の画像になります。
BMW330iセキュリティー取り付け10 BMW330iセキュリティー取り付け11
左画像がELロゴをフロントガラス右下部に貼り付けしました画像で右画像がリモコン送受信アンテナの取り付け位置の画像で今回もルームミラー裏部に貼り付けして配線を天張り内にはわせて運転席側Aピラーからダッシュボード内に引き込みました。
BMW330iセキュリティー取り付け12 BMW330iセキュリティー取り付け13
各パネル類を組み付けしいつもキッチリ実施しています感度調整を行い作動確認を行います。各ドアを開けたりボディーにダメージを与えない程度に叩いてみたりセキュリティーがしっかり反応するかを確認します。反応すると言うのはサイレンから警告&警報音が鳴るかどうかと言う事です。しっかり作動確認が出来ましたらキズ&電気廻りのチェックを行って作業終了です。今回何故お客様がセキュリティーを取り付けされるのかをお聞きしましたところ周りのお家の方4~5軒が車上荒らしの被害に遭われたそうで「自分の車も狙われるのでは?だったらその前に防衛策で!!」と言う事でした。今回もトヨタ車を中心に被害に遭われたそうです。以前ブログで当社社長の住んでいますマンションでも一晩に5軒被害に遭ったと書いていましたが今回も4~5軒でトヨタ車中心と言う事は同一犯?と考えてしまいます。この短期間で神戸市内の犯行です。神戸市以外の皆さんも自分は大丈夫とは思わず十分気を付けて下さい!!もうすでに下見に来ているかもしれません!!不審な車や人を見かけましたらすぐに警察へ通報しましょう!!。
by KIN

FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!
トヨタ エスティマ
エスティマセキュリティー取り付け  エスティマセキュリティー取り付け2
今回は業者様からのご依頼でエスティマにセキュリティー取り付け作業です。業者様とお客様のご相談の結果ご用意させて頂きましたセキュリティーは日本電機サービス社製VORTEX5200-J・威嚇用スキャナー(ブルー)です。この商品は当社ホームページトピックスで記載していますがキャンペーン(今月末まで)対象商品ですのでPOPリモコン(追加リモコン)+ダイオードセットのコースをご選択頂きご用意させて頂きました。
エスティマセキュリティー取り付け3 エスティマセキュリティー取り付け4
エスティマセキュリティー取り付け5
今回もセキュリティー取り付け作業の為内容を詳しくは記載出来ませんがどうかご了承下さい。さて作業ですが僕の場合いつも何処に何をどう取り付けするかを頭の中である程度決めておき作業に取り掛かって行きます。何故かと言いますとせっかく綺麗に引き廻した配線類をセキュリティーユニット本体に接続する時各配線類がとどかなくなってしまったり万が一被害に遭った時外し易い取り付け方法ですと意味がなくなります。「これだったら犯人も嫌がるかな?」とか「この取り付けだったら整備士さんも整備し易いかな?」などなど色々考えて作業を行うよう心掛けています(^^)。
エスティマセキュリティー取り付け6 エスティマセキュリティー取り付け7 エスティマセキュリティー取り付け9
まずは威嚇用スキャナーとリモコン送受信用アンテナを取り付けする為運転席側Aピラーカバーを外します。ピンの位置は中央画像の位置にあります。最近余り書いておりませんが養生作業はいつもキッチり行っております!!(^^)。Aピラーカバーが外れましたらハンドルコラムカバー下ロアパネルを外します。
エスティマセキュリティー取り付け8 エスティマセキュリティー取り付け10
エスティマセキュリティー取り付け11 エスティマセキュリティー取り付け12
ロアパネルが外れましたら上段2枚の画像のようにコラムカバーを外して電源線の取り出しを行います。いつもですとこの色はこの線と画像に記載していますが今回はあえて記載しておりません。と言いましてもこの画像の電源線は常時電源・ACC(アクセサリー)電源・スターター信号線の3種類だけにしております。この先は・・・と言う事です(^^;。右下画像はリモコン送受信アンテナの取り付け位置画像になります。
エスティマセキュリティー取り付け13 エスティマセキュリティー取り付け14
エスティマセキュリティー取り付け15 エスティマセキュリティー取り付け16
コラムカバーに直径7・5mmの穴を開けて作動確認用LEDを取り付けします。威嚇用スキャナーはダッシュボードに貼り付けします。各配線類はセキュリティーユニットに接続していつもセキュリティーブログ時に記載していますが感度調整をしっかり・キッチリ行って作動テストを行います。上下右側画像はセキュリティー作動中の画像です。セキュリティーが正常に作動しているのを確認しましたら各パネル類を組み付けしてキズ&電気廻りチェックを行い作業終了です。いつもセキュリティー作業時のブログはもの足らない感じになってしまいまして大変申し訳ございません。「セキュリティーのブログはやめたら?」と言うお声も聞こえて来そうですが(^^;当社がどんな種類の作業が出来るのかと言うのを知って頂きたいな~と思い、もの足らないですが書かせて頂いております。もっと面白く書ければ良いのですが・・・(^^;。
by KIN


FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!